悪い評判は?KINTO(キント)のデメリット3つとメリット7つを解説!

KINTOのデメリットや評判は?

フクロウ君の疑問
正直、KINTO(キント)の評判ってどうなの?メリット、デメリットについても詳しく知りたい!
ミーア先生
OK!フクロウくん!KINTO(キント)に関する評価・評判を徹底的に解説するよ!

この記事を書いているボクは、実際にカーリースユーザーでもあり海風そよぐ田舎街でクルマ屋を経営しながら現役でリース販売もしています。

今回はトヨタの車サブスクリプションサービス 「KINTO(キント)」を実際に利用した100名の口コミや評判、メリット・デメリットについて詳しく知りたい方に向けて、キントの魅力や注意点をお伝えしていきます。

キント(kinto)

\まずは無料見積もり&WEB審査から!/

期間 3年・5年・7年
月額料金に含まれるもの 自動車税環境性能割、自動車税種別割、任意保険、点検費用、オイル交換、代車、車検(5年/7年契約)など
想定走行距離数 利用月数×月間1,500Km以内。【3年プランの例】3年満了時、54,000Km以内。

【追記】2020年5月より従来の3年プランに加え、5年・7年契約のプランが新たに追加となりました。5年・7年プランは、3年プラン同様のメンテナンス内容に加え、トヨタ正規販売店での車検も含めた月額利用サービスとなります。

KINTOと購入はどちらが特か?比較シュミレーションした記事は『KINTOと購入どちらが特か?比較シュミレーション!KINTOは高い?安い?』をご覧ください。

トヨタのKINTO(キント)とは?

KINTO(キント)の仕組み

トヨタのKINTO(キント)とは、定額の月額料金を支払うことで車に乗れる「車のサブスク」です。車離れが深刻化する中、幅広い世代の人に手軽に車に乗ってもらうためにトヨタが提供しています。

KINTOは頭金が不要で、毎月の料金の中には保険や車検・税金・メンテナンス費用も組み込まれています。

今までの車の乗り方では「車検の時期だからお金を用意しとかなきゃ…」「故障で急な出費になっちゃった…」「事故で保険を使ったから保険料が上がっちゃった」なんてことはありませんでしたか?

しかしKINTOなら、まとまった費用なし、急な出費の心配なし、保険料も変動なしです。

「車のことはよく分からない」「まとまったお金を用意するのは難しい」といった人でも初期費用0円で気軽に車に乗れるのが特徴です。複雑な手続きをする必要もありません。

残価設定ローンとの仕組みの違い

残価設定ローンは車を購入する際のローン契約の1つです。「残価」とは契約満了時までに残しておいた価格のことです。残価設定ローンは残価を差し引いた分でローンを組むため、通常の自動車ローンよりも毎月の支払い金額が少ないメリットがあります。しかし最初に設定されたローン金額では、期間内に価格の全てを払い終えていない状態です。

そして残価設定ローンでは、契約終了後におもに3つの選択肢から支払い方法を選ぶことができます。

「残価設定ローン」契約満了時の3つの選択肢

1.ローン契約満了時に、支払いきれていない残りの金額(残価)を支払って車を買い取る
2.残価を支払わず車を返却する(傷や凹みの度合によっては清算が必要なケースもある)
3.支払いが終わっていない残価にローンを組んで車に乗り続ける

例えば200万円の車を月2万円×5年の契約をしたとしましょう。5年間支払うと、トータルで120万円支払うことになります。しかし残り80万円の支払いが残っていますよね。この時点では、まだ車の所有権はローン会社にある状態です。

契約満了時には、最終的に残る80万円の残価をどうするかを選ぶことになります。1番のケースでは80万円を支払って購入、2番のケースでは残価を支払わずに返却、3番のケースではさらにローンを組む方法です。

さらに残価設定ローンはローン扱いなので、税金などの諸費用は別払いになります。すると最終的に車が手に入らない可能性があるうえに、車検や税金などのメンテナンス費用は別で用意しなければなりません。

残価設定ローンは最終的に車を購入する希望があり、なおかつ毎月の支払い金額を安く済ませたい人に向いている方法です。そのため、決められた期間に車を利用するカーリースとは仕組みが異なります。

カーリースとの仕組みの違い

KINTOはリース契約なのでカーリースです。そしてKINTOにも一般的なリース同様、残価が設定されています。

しかし、一般的なカーリースとは異なりKINTOは残価精算の責任がユーザーにありません。

一般的な残価設定リースとは異なりKINTOの残価設定はクローズドエンド方式のため、「リース契約満了時に設定残存価格と実際の評価額の差額を精算しないリース商品」となっています。

つまり、ユーザーは残価のことは気にせず残価をさっ引いた価格分だけで乗れるため、「安く、気軽に乗れる仕組み」となっています。

対して、残価設定ローンやカーリースの多くの商品ではオープンエンド方式となっています。

オープンエンド方式の場合、残価は契約時に開示され、契約満了時に「残価」と「実際の評価額」の差額精算をする義務が契約者にあります(中には残価の保証をうたっている商品もあります。)

つまり、オープンエンド方式で残価が高額な場合はむしろ契約者にとって不利な状況になってしまう可能性を秘めています。

両者のこの仕組みの違いや、残価が高額だとなぜ契約者が不利になるのか?KINTOの仕組みの詳細は『トヨタのKINTO(キント)とは?残価設定ローンとの仕組みの違いを徹底解説』にて詳しく解説しています。

合わせて読みたい

なお、キントとカーリースの比較についての詳細は『トヨタの定額制サービス「キント」と「カーリース」を徹底比較!』をご覧ください。

\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

KINTO(キント)利用中の男女100名に聞いた口コミ・評判



調査方法
WEBアンケート(クラウドワークス
募集件数
KINTO利用者 100名
調査エリア
全国
年代
20代〜60代
調査期間
2022年02月上旬

実際にKINTOを利用している 20代〜60代の男女100名を対象にアンケートを実施しました。アンケート内容は以下の通りです。

・KINTOを利用してみた満足度は?
・KINTOを選んだ理由は?
・KINTOを利用して困ったことは?
・KINTOを利用して良かったことは?

実際に利用されている方たちの意見なので、KINTOを検討されている方にとって参考になるかと思います。

では一つずつみていきましょう。

【91%が満足】KINTO利用者の満足度は?

利用者満足度の内訳は、

大変満足 22%
やや満足 69%
やや不満 9%
大変不満 0%


という結果になりました。KINTO利用者に聞いたアンケートによると、大変満足が22%、やや満足が69%、と合わせて91%の方たちがKINTOの利用について「満足」と答えています。

KINTOを選んだ理由は?

KINTOを選んだ理由

1位:コミコミ定額で管理が楽だから 69%
2位:頭金が不要だから 16%
3位:任意保険が付いているから 7%
4位:アフターサービスが充実しているから 6%
5位:審査が通りやすいから 1%
6位:その他 1%

\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

KINTOを利用して困ったことは何ですか?

20代の回答

困ったことは、車種によって乗り換えるための料金が異なったことです。追加で料金を支払って契約当初の車種から乗り換えられるようになっているのですが、発売開始からの期間などの違いによって支払う料金に数万円の差が出てしまいなかなか乗り換えに踏み切れないことがあって、困りました。(20代・男性)

とくにありませんが、あえて言うならば販売店までがすこし遠かったくらいです。(20代・女性)

30代の回答

これまで加入していた任意保険の等級を引き継ぐことが出来ないため、何年もかけて等級を進めてきた実績がゼロになりメリットが無くなってしまったことには困りました。また、引っ越しに伴い中途解約を検討した際にも、契約期間が3年以上だったので違約金が発生することにもデメリットを感じました。(30代・男性)

月間走行距離に制限があること。私は通勤往復で40キロ✕20日、週末ドライブに60キロ✕4日で超過することはないのですが、制限を気にしつつ走る、というのは正直ちょっともどかしいです。(30代・男性)

我が家はペットを飼っているのですがKINTOではペットの同乗は不可となっているため、家族で遠出する際は使用できないのはデメリットです。動物病院やドッグランなどに車で連れていけないのは思っていた以上に不便です。また、月の走行距離は1500kmまでと制限があるため長距離の旅行などは飛行機か新幹線の利用が前提になります。そのため通勤に車を利用しようとすると、休日の遠出が距離制限のためにしづらくなるのもKINTOの使いづらいところと言えます。それ以外には利用前に試乗する機会がないというのは車を選ぶ際に改善してほしいと思った点です。実際に乗り比べて車選びができたら決断しやすかったと思います。(30代・男性)

今のところまだハッキリと困ったことはありませんが、初めは契約内容のシステムに戸惑いなかなか理解ができなかったことと、やはり車が「自分の物ではない」という感覚がありどこか安心しきれていないことです。(30代・女性)

40代の回答

喫煙がNGの点は利用していて困ることがある。実際に利用開始前に把握していたので我慢するつもりであったが、1人でよる運転しているときなどに無償に車内で吸いたくなる時がある。喫煙者には少々ハードルの高い制約事項だなと感じる。(40代・男性)

自分が契約した直後に解約金ゼロプランが発表されてプラン変更を依頼したが「契約期間中は出来ない」との返答で出来れば契約前に予定されているプランの説明をしてくれれば更にお得に利用出来たはずと思う事です。(40代・男性)

納車までの待ち時間が少々長め。途中で乗り換えが可能とは言え、契約期間が最短でも3年からと長めなので転勤等の予期せぬライフスタイルの変化に対応しにくい。これまで自家用車を所有して蓄積してきた保険等級がキープできない。走行距離に縛りがあり注意しなければならないのが窮屈。(40代・女性)

もう少し料金が安いとたすかります。(40代・女性)

50代の回答

愛着が湧いても、買い取って自分の車にすることができない点。それが頭にあるので、一定の距離感を持って車と接しなければいけないのがやや寂しい。(50代・男性)

初期費用いらないでトヨタの車に乗れるのは魅力だなと思って利用しました。でも保険料やオイル交換などが安いところがあとてあると気がついたのでちょっと微妙です。(50代・男性)

60代の回答

走行距離に制限があること。選べる車種が少ない。(60代・男性)



KINTOを利用して良かったことは何ですか?

20代の回答

初期費用がほとんどかからなかった事が一番魅力だと感じました。

申し込みのときに店頭に行く必要がなく、全てwebで完結できるというのがかなり楽で良かったです。あとは頭金がないので初期費用をかなり安く済ませられるという辺りも魅力的だと思います。

保険や税金などすべて込みになっているので車に詳しくなくても簡単に加入することができる

30代の回答

自動車税や保険が全てこみなので、急な出費等はなく定額で乗れるので、お金の心配はあまりありません。(30代 男性)

他社リース会社だと自動車保険が含まれていない所が多く、自動車保険だけ別で契約しなければならないことがとても面倒でしたが、KINTOは誰でも乗れる自動車保険もコミコミでありがたいです。(30代 男性)

維持費を気にしなくていいため以前よりお金の心配が減り、精神的に楽になりました。飽き性なため、定期的に新車に乗れるのが新鮮で良いです。車種も思ってたより豊富で、次は何に乗ろうかと楽しみにしています。(30代 男性)

所有していたら発生するすべての管理料金が含まれているので、自動車を所有しているよりも抑えられました。また、一定期間が経過すると車種も変更できますが、車種の種類が豊富なのも魅力的でした。また、自動車メーカー最大手が運営しているというのも安心感につながりました。(30代 男性)

カーシェアと違い、いちいち予約とかしなくて良いところ。好きな時に使えるので便利だと思います。今後、車を買おうかなと考えた時に、この車良かったなとか参考になる気がします。(30代 女性)

所有しなくても車に乗れて、メンテなどの煩わしさがないところ(30代 女性)

40代の回答

今までは貯金して行ってお金が貯まれば車を買い替えるような感じでやってきましたので、貯金を他に回せるのはよいと思います。(40代男性)

考え方は色々あるとは思うが、所有しないことでトータル安くなっている。(40代男性)

もともとは新車を購入するほどのまとまった金がなかったために利用開始したが、新車で購入した場合、途中で中古で販売した場合など試算してみても、割安で利用できている。毎月の固定費として出費されていくので、自分で所有するタイプよりも、家計のコントロールがしやすいと感じている。(40代男性)

50代の回答

車のメンテナンスにかかる手間とコストを心配しなくて済むこと。自動車税や保険加入の手続きがなく気楽。車にかかる月々の経費が一目瞭然で家計管理がしやすい。車購入は投資ではなく利用と共に価値が劣るのが普通なので、購入後長期使用して低価格で売却することを思えば、ストレスフリーで車を使える自由さを享受できたのは良かった。また、運転歴の浅い20代の娘でも高額になりがちな自動車保険料金や初期費用を気にすることなく、新車を運転できるのもメリット。(50代 男性)

税金や車検などで出費が一時期に嵩むことがなく、平準化されていることが一番大きい。(50代 男性)

信頼性のある正規メンテナンスサービスが受けられる安心感があるほか、面倒な車検や保険関係などの諸経費まで含まれていながら、月々の利用料金が手頃な一定額に設定されているところ。(50代 男性)

60代の回答

任意保険が込み込みなので助かる。毎月に支払額が一定である。税金の支払いがいらない。(60代 男性)

\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

KINTO(キント)のネット上にある口コミ・評判

KINTO(キント)の悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!

ここからはネット上にあるKINTOの口コミ・評判を紹介していきます。「いい評判」だけではなく「悪い評判」も合わせて見ていきたいと思います。

両者の評価をしっかりと知ることでサービスの具体像が見えてくるでしょう。

KINTO(キント)の悪い口コミ・評判は?

ミーア先生
悪い評判を見ていると、KINTO(キント)利用以外にかかるガレージ代、駐車場代を気にする方が多いようです。

逆を言うと、KINTO(キント)でなくても駐車場代はかかるわけで、クルマを利用するにはそれだけの費用(クルマ代の他に税金やメンテナンスや保険料、駐車場代等)が掛かってるってことが浮き彫りになっただけのような気もします。



最新のKINTO(キント)対象車種、月額料金、車種の人気ランキングは『KINTO 全車種ラインアップ』でご確認ください。

KINTO(キント)のいい口コミ・評判は?

https://twitter.com/katsukikobayas1/status/1215043846045782016


ネット上にあるKINTO(キント)の口コミ・評判 まとめ

悪い評判では「3年契約を選択時の料金の高さ」に触れている口コミが多い印象です。

良い評判ではやはり「買うよりお得であること」の口コミが多かったです。

トヨタのKINTO(キント)は車に乗り続けるために必要なコストがほとんど全てコミコミとなっているサービスです。

3年契約の料金を見て「結構高い」と思われた方もいるように車に乗るにはそれだけの維持費がかかっているということです。車を購入する場合は税金や保険、車検やオイル交換など車に乗り続けるための費用が購入とは別にかかってしまいます。

地域にもよりますが、クルマは”足”として私たちの生活になくてはならないものです。クルマにかかる費用は必要経費と受け入れ、保険まで全てコミコミで月額定額でやりくり出来るKINTOが普通車のサブスクでは現在、圧倒的にパフォーマンスに優れベストな選択だと思います。

ホリエモンこと堀江貴文さんのKINTOに対する評価

@speed_horiemon

【現金で車購入】これやる人頭悪いです#ホリエモン #トヨタ #おすすめ #倍速ホリエモン

♬ オリジナル楽曲 - 倍速ホリエモン【堀江貴文×切り抜き】 - 倍速ホリエモン【堀江貴文×切り抜き】

堀江貴文さんのトヨタのサブスクに関する発言 まとめ

・うちの社用車はトヨタのサブスク(KINTO)なんですよ。トヨタのサブスク超いいですよ。新車がきますからね。3年おきとかに。

・カモにされてるのは例えば自動車をキャッシュ(現金一括)で買っちゃう人とか。自動車をキャッシュって一番やばいんですけどね。

・自動車のローンは今の世の中で一番優遇されてるローンなんで、自動車を買わせるために。だから自動車ローンは使った方がいい。

・それだけで多分手持ちのキャッシュは大幅に増えるじゃないですか。

ミーア先生

堀江さんの発言を要約すると、「多くの方にとって 現金一括で手持ちの資金を減らすよりも、割安な手数料や金利を利用して手持ちの現金(キャッシュ)を増やせる車のサブスクなどの現金一括以外の支払い方法の方が得策では?」というキャッシュフローの重要性を伝えています!

経営者だからだという声もありますが、ボクは経営者だけでなく個人にとっても重要な考え方だと思います!

多くの方にとってクルマの一括購入は一度の損失が大きすぎると言われます。多くの方にとって一度に出る損失が資産の最大許容損失額を越える可能性が高いためです。

\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

合わせて読みたい

KINTOは失敗?高すぎる?噂の真相を調査した記事はした記事は『トヨタのKINTOは失敗?高すぎる?デメリットだらけな噂の真相や口コミを調査』をご覧ください。

KINTO(キント)の7つのメリット

KINTO(キント)の7つのメリット

KINTO(キント)のメリット1:トヨタの新車が頭金0円、クルマにかかる諸経費すべてコミコミで月額定額!

頭金0円、任意保険込みで定額コミコミ

KINTO(キント)は初期費用フリープランを選択すると、頭金0円で乗り始められますので車の購入に比べ大きな初期費用がかかりません。

また、クルマに関わる税金や任意保険、メンテナンスが料金にコミコミとなっているため”月額定額”でクルマに乗り続けることができます。

車検満了日が到来する前に乗り換えまたは返却するため、車検代の心配もいりません。

KINTO(キント)のメリット2:ライフステージに合わせて新車を乗り換えられる「のりかえGO」

ライフステージに合わせて乗り換えられる

ライフスタイルに合わせて最適なクルマに乗れるよう、割安な手数料で別プランに乗り換えができます。3年プランでは契約から1年半後、5年/7年プランは3年後以降、お好きなタイミングで乗換え可能です。(トヨタ車に限ります)最新のトヨタ車を選ぶことができるため、その時の生活に合わせて柔軟に好きな車種を選択することができます。

例えば、子供が増えたからミニバンにしたい!という場合や、子供が上京するからコンパクトカーで十分!という場合もKINTO(キント)なら気軽に乗り換えることが可能です。

KINTO(キント)のメリット3:メンテナンスはトヨタ・レクサスの正規販売店が対応!

カーリースの場合、リース会社が指定する整備工場で車検やオイル交換を行う場合が多いですが、KINTO(キント)はすべてトヨタの看板を背負った正規販売店が対応してくれます。

ちょっとした気になることでもトヨタ正規販売店であればあなたの愛車にも精通しているため、異常の早期発見に繋がることも考えられます。

KINTO(キント)のメリット4:手軽に、WEBで申し込みが可能!

WEBで簡単申し込み

トヨタのお店に来店する時間がない方でもKINTO(キント)ならWEBで審査・申し込みが可能なので安心です。また月額料金はワンプライスで設定されているため、商談も不要です。

わからないことや疑問に感じたことはKINTO公式サイトからお問い合わせができます。

WEBで手軽にお問い合わせができる公式サイトはこちらです。

\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

KINTO(キント)のメリット5:任意保険は車両保険まで付帯。内容も充実で安心!

KINTO(キント)に申し込むだけで任意保険もついています。

保険内容は対人・対物の補償は無制限。車両保険つきで自損事故や当て逃げも補償対象。事故で修理が必要な場合も自己負担額は最大5万円など充実の補償内容です。さらに弁護士費用特約やロードサービス、レンタカー費用補償などの安心な特約もついています。

KINTO(キント)の料金が高いとおっしゃる方はここを無視している可能性が高いです。新車に乗る場合、任意保険の内容は車両保険まで付帯することをオススメします。

KINTO(キント)のメリット6:クレジットカードが利用可能でポイントがたまる!

クレジットカードのポイントが貯まる

カーリース契約の場合、クレジットカードが利用できない場合が多いですが、KINTO(キント)では個人の方に限りクレジットカードが使えます。

電気水道ガスなどの公共料金に合わせて、クルマの利用にクレカが使えるのは大きいですよね。ローン会社に問い合わせましたが、今のところマイカーローンにクレジットカードが使える商品はないそうです。

※ポイントの付与条件はお使いの各カード会社のHP等で詳細をご確認ください。

KINTO(キント)のメリット7:解約金フリープランなら解約金0円!

解約金フリープランなら、途中解約でも0円で解約できます。また、初回契約満了後(3年後)は同じ車で再契約もできて、再契約期間の月額利用料が最大30%OFFです。

さらに、契約時に申込金を支払うため、月々の支払いが初期費用フリープランよりもリーズナブルになります。

KINTO(キント)のメリット8:購入と比較してお得に乗れる!

購入と比較してお得

購入の場合、ローン完済の頃にはクルマの価値は大幅に下落します。

KINTOは、定額制で常に新車に乗り換えが可能です。さらに「残価設定 クローズドエンド方式」なので契約満了時に残価精算の心配も無用です。残価の心配もなく、充実した任意保険もコミコミなので安心してトヨタの最新の設備の整ったクルマに乗ることができます!

合わせて読みたい!

「KINTO」と「残価設定ローン(残クレ)」どちらがお得か? “ヤリスクロス”に乗る場合に実際にかかる費用を徹底比較した記事は『KINTOが高いは本当か?「KINTO」と「残クレ」プロが徹底比較!』をご覧ください。


\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

 

KINTO(キント)の3つのデメリット

KINTO(キント)のデメリット1:任意保険の等級を引き継げない

KINTO(キント)を申し込むと任意保険がついてきますが、以前より加入していた任意保険は中断することになります。そのため、等級が進んでいる方はその恩恵が受けられなくなります。

ポイント

保険会社に依頼して中断証明書を発行しておけば、一定期間内であれば中断した時と同じ等級から保険の契約を再開できます。

KINTO(キント)のデメリット2:途中解約は違約金がかかる

中途解約は所定の清算金がかかります。他カーリースとの違いは清算金が解約時期によって明確に決まっているところです。

ポイント

ただし、免許返納時、海外転勤時は解約金0円でクルマを返却することができます。

KINTO(キント)のデメリット3:走行距離数に制限がある

KINTOの走行距離は月間1,500Km以内までの商品です。ただし月ごとに精算するわけではなく、返却時までに経過した月数分の総計で計算します。

例えば3年後の返却時に54,000Kmを超過した場合、トヨタ車では1Kmあたり11円(税込)、レクサス車では 1Kmあたり22円(税込)の追加精算が必要です。

ポイント

月ごとの走行距離での超過分合計ではありません。

KINTO(キント)のデメリット4:自己所有にならない

利用者アンケートにもあったように、自己所有にならないために車内の喫煙やペットの同乗は基本的にNGです。車の価値を下げる行為は返却時のことを考えて避けなければいけません。


\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

※全車、任意保険がコミコミです※

上記からわかったKINTO(キント)が向いている人・おすすめしない人

トヨタのサブスクであるKINTOには、向く人、向かない人がいるので両方の視点から見ていきます。

KINTO(キント)をおすすめしない人

・保険の等級が進んでいる(マックスに近い)人

KINTO(キント)では任意保険もコミコミでワンプライスに設定されているため、保険等級がマックスに近い方はその恩恵を受けることができなくなります。

KINTO(キント)と同じ短期リースの中にも任意保険は別支払いのリースがありますので、等級の恩恵が大きい方はそちらのほうが安くつく可能性があります。

・クルマを自分のものにしたい人

1つのクルマを修理しながら長年乗り続けたい方やクルマを自分のものにしたい人はKINTO(キント)は向きません。

契約満了時に車を自分名義にしたい場合はオリックスカーリースがオススメです。オリックスカーリースなら最後はクルマを自分のものにできます。

オリックスカーリースについて詳しく解説している記事は『【1番人気】オリックスカーリースをレビュー【初めての方におすすめ】』をご覧ください。

KINTO(キント)が向いている人

・わずらわしいクルマの管理はすべてトヨタにお任せしたい人

車検や税金、任意保険、点検、メンテナンス、代車の心配、わずらわしいクルマの管理全てをトヨタにお任せしたい人にオススメです。

クルマの管理に費やす労力や時間を削減できます。

・初めてクルマに乗る方や等級の恩恵が少ない方

若年層の方や保険の等級が低い方に向いています。一般的に若年層や等級の低い方は保険料が高いため、”保険料コミでワンプライス”の恩恵を最大限に活用できます。

・最後のクルマを検討される方

KINTO(キント)は免許返納を理由に解約する場合、解約金0円でクルマを返却できます。

乗ったぶんだけの支払いで新車に乗れますので、年齢を理由に新車を諦めていた方でも気軽にトヨタの新車に乗れます。さらにKINTO(キント)なら、しっかりと車両保険までついてますので安心できます。

・生活の変化に合わせてクルマを変えたい方

KINTO(キント)の場合、3年おきに新車に乗り換えることができます。もっと大きなクルマに変えて子供と一緒にキャンプに行きたい!とか、子供が学校を卒業するからコンパクトカーで十分だなぁとか、そんな時にも最新の設備・安全性を兼ねそろえたトヨタやレクサスの新車に気軽に乗り換えることが出来ます。

・法人、個人事業主の方

法人契約の場合、かかった費用を経費計上できるためメリットと言えます。

合わせて読みたい!

KINTOの税金についての詳細は『KINTOなら税金がない?KINTOの自動車税・重量税について徹底解説!』をご覧ください。


\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

※全車、任意保険がコミコミです※

KINTOは高い?安い?KINTOと購入はどちらが得か?

トヨタのKINTOを利用してみたいけれど、高いんじゃないかと心配になりませんか?今までは車を購入するのが一般的だったため、「トヨタ車を購入するのとどちらがお得なの?」「車のサブスクってお得なの?」と思うのではないでしょうか。

そこでKINTOとトヨタ車の購入でどちらがお得なのかをシュミレーションしてみました。

KINTOは高い?安い?

正直に言いますと、サービス開始当初は「KINTOは高い」と言われていました。最初は3年契約のみで、ボクから見ても料金が高かったのです。

しかしその後、5年と7年プランが追加されてより長く契約できるようになりました。長く乗れるぶん、リース料金もぐんと乗りやすい価格になっています。最初は「高い」という声がみられたKINTOですが、今はむちゃくちゃ安いです。

ミーア先生
ヤリスやルーミーなどの人気コンパクトカーが任意保険も車検も税金もメンテナンスも全部コミコミで33,000円ちょっとで乗れるのですから基本的には若い人に限らずお得です。若い人にしたらKINTO一択なのでは?と思ってしまうほどお得です。おそらくセットで付いてる任意保険が内容は充実してるのにおかしいほど安いですね。長期契約でも実現できたのは保険会社へのトヨタの実績と営業力があってこそでしょう。

KINTOと現金一括、ローンの料金比較シュミレーション

それでは実際に料金比較シュミレーションをしてみましょう。今回はトヨタの「ヤリスX GAS 1.0L 2WD(5人)」をKINTOで7年間乗った場合と、ローンと現金一括払いで7年間乗った場合にかかる金額の比較を税金や保険等の維持費込みでシュミレーションしてみました。

車種:ヤリスX GAS 1.0L 2WD(5人)
期間:7年間
年齢:誰でも運転OK

KINTO 現金一括払い 自動車ローン

(金利5.0%)

車両代金 リース料金に含まれる ¥1,535,300 ¥1,535,300
自動車税・自賠責保険など ¥337,500 ¥337,500
任意保険・車検・メンテナンス ¥1,973,124 ¥1,973,124
分割手数料 なし なし ¥287,481
7年後の下取り価格 なし ¥153,530 ¥153,530
支払い総額 ¥2,799,720 ¥3,692,394 ¥3,979,875
月々支払額 ¥33,330 ¥43,957 初回のみ ¥53,975

2回目以降 ¥47,300

3つの条件でシュミレーションしてみると、KINTOが一番安いことが分かりました。車を購入して7年後に下取りに出したとしても、KINTOの方が安いですね。詳しくは次より解説していきます。

※今回のシュミレーションは、KINTOの公式ページでもできます。ぜひ気になる車種で試してみてください。

\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

合わせて読みたい

KINTOと購入はどちらが特か?料金を比較シュミレーションした記事は『KINTOと購入どちらが特か?比較シュミレーション!KINTOは高い?安い?』をご覧ください。

KINTO(キント)ってどうなの?失敗?プロからみた評価

KINTO(キント)ってどうなの?失敗?プロからみた評価

フクロウ君の疑問
ところでKINTO(キント)の「まだクルマ買ってるんですか?」(テロップが流れる)ってあのCM、見ました?

車のサブスク KINTO(キント)「まだクルマ買ってるんですか?」の真意とは

2018年1月、ラスベガスで開催されたCES(Consumer Electronics Show)において、トヨタ自動車の豊田章男社長が自動車メーカーから、モビリティ・サービスを提供していく会社へ変革することを同社の新しいビジョンとして発表しました。

その矢先、トヨタのサブスク KINTO(キント)のTVCMにて、あの「まだクルマ買ってるんですか?」のテロップが流れることになります。

車を販売する会社が「まだクルマ買ってるんですか?」というと挑戦的な話なのですが、モビリティ・カンパニーからの”提案”と捉えると納得がいきます。そしてKINTO ONE(キントワン)のスタートはこの大きな変革構想の幕開けを意味しています。

「私はトヨタを、クルマ会社を超え、人々の様々な移動を助ける会社、モビリティ・カンパニーへと変革することを決意しました」2018年1月 豊田章男社長

トヨタのKINTO(キント)は失敗?高すぎる?

トヨタ「KINTO」は発売当初「失敗」「高すぎる」なんて声もありました。その理由は以下の通りです。

・3年契約のみで月額料金が高すぎた
・中途解約時、「解約金」がかかることに嫌悪感を抱く人も
・「3年間、乗り換えられないのが不便」と言われていた
・カーリースは「やめとけ」「デメリットだらけ」と言われるから

3年契約のみで月額料金が高すぎた

発売当初、KINTOには3年契約しか選択肢がなく、月額料金が高すぎるとの声が上がりました。

そこで、5年、7年契約を新たに追加し、月額料金をぐんと安く抑えることに成功しました。

中途解約時、「解約金」がかかることに嫌悪感を抱く人も

中途解約で解約金がかかることに嫌悪感を抱く人もいたため、利用に踏み切れない声もありました。

しかし、「解約金フリープラン」という新プランを発表し、利用中いつでも解約金0円で解約できるプランを発表しました。

「3年間、乗り換えられないのが不便」と言われていた

実際利用している方へのアンケートで「乗り換えたくても3年縛りじゃ困る」という声もありましたが、こちらも気軽に乗り換えられるように新プラン「のりかえGO」を発表しました。

「のりかえGO」は割安な手数料を支払うことで乗り換えが可能となる初期費用フリープランのサービスです。

カーリースは「やめとけ」「デメリットだらけ」と言われるから

カーリースは時に「やめとけ」などと言われる場合があります。その理由は残価精算のリスクがつきまとうからでした。

しかし、KINTOは残価の精算がありません。ユーザーは残価を気にすることなく月額定額で乗れるサービスとなっているのです。

トヨタのKINTO(キント)ってどうなの?カーリース販売のプロからみた評価

僭越ながらカーリース販売歴8年のボクが、KINTO(キント)を評価させていただきます。

結論は”頭金0円””月々定額”で乗れる新車カーリースに魅力を感じ、短期リースを選ぶならKINTO(キント)一択です。

長期でリースしながら5~7年で乗り換えるか最後はクルマを自分のものにしたいという方にはオリックスカーリースの「いまのりセブン」や「いまのりナイン」がおすすめですが、新車短期リースの中では絶対にKINTO(キント)がおすすめです。

カーリースの契約年数は7年や9年と比較的長期の契約が主流です。2、3年の短期リースではオリックスカーリースのいまのりくんやマイカー賃貸カルモなどがありますが、KINTO(キント)のように任意保険までは料金にコミコミとはなってはおらず、そこまでコミコミにしてしまうとKINTO(キント)ほどの料金まで値下げできないでしょう。

そもそもカーリースの魅力は何か?と言うと、税金やメンテナンスなどクルマにかかる諸経費を月額料金と一緒にすることができるため支払いを平準化できることです。クルマに関わる支払いを見える化できるため家計の管理が安易になります。

さらにそのカーリースの中でも短期リースの魅力は、ライフスタイルの変化に合わせて気軽にクルマを変えることが出来ることです。乗りたい時に乗るクルマを選べる魅力は短期リースならではです。

そしてKINTO(キント)では乗換えのたびに最新の設備を兼ねそろえたトヨタの新車に定額で乗り続けることができ、任意保険まで料金に含まれています。しかも任意保険の内容は車両保険までしっかりと付帯されています。

もしもの事故の際も、「自己負担最大5万円」と明確に記載されていることも任意保険込みのKINTO(キント)ならではです。

ただし、任意保険料までもがコミコミのワンプライス設定なので、任意保険の等級が進んでいる方などは恩恵が少ないでしょう。

逆に言うと、若年層や年齢を理由に新車に乗ることを諦めていた年代の方は任意保険料が高額なのでKINTO(キント)を一番お得に使えます。



【追記】2020年1月より法人契約が可能となりました。法人契約の場合、かかった費用は100%経費計上できるメリットがあります。ローンの場合、金利分しか経費計上できないため、節税効果を期待するならKINTO(キント)に分があります。

個人の方同様にトヨタ車・レクサス車から選ぶことができます。

中古車サブスクが気になる方はこちらの『中古車サブスクリプションを徹底比較!あなたに一番向いてるサブスクは?』もぜひご覧ください。

【追記】KINTOに5年/7年契約を追加し「のりかえGO」を発表(2020年5月)

従来の3年プランに加え、5年・7年契約を追加し、一定期間後は途中で別プランに乗り換えることができる「のりかえGO」を発表しました。

契約期間を長期にすることでより手軽に始めやすい月額料金設定となりました。ボーナス併用払いも選択可能となり7年プラン/ボーナス併用ありで、トヨタ パッソ最安値グレードを月額11,220円(税込)~とハードルを下げました。

「のりかえGO」は3年プランの場合は1年半経過後以降、5年/7年プランの場合は3年経過後以降はいつでもリーズナブルな手数料を支払うことで新しいクルマへ乗換えが可能です。契約満了の2カ月前までに申し出が必要です。

つまり、KINTOなら長期契約にすることで「月額料金をもっと安く抑えることができる」と同時に「短期契約のような乗換えの気軽さ」も兼ねそろえることができるようになりました。さすがとしか言いようが無い圧倒的サービスを次々に追加しているのもトヨタのサービスである強みだと思います。

\無料見積もり、WEB審査はこちらの公式サイトから/

※全車、任意保険がコミコミです※

合わせて読みたい

KINTOに5年契約と7年契約が加わったことにより、“任意保険や車検やメンテナンス”がコミコミであるKINTOのお得感がとても強まりました。

KINTO新プラン登場で「車を購入」した場合とどちらがおトクか? 気になる方は “カローラクロス"に乗った場合でシミュレーションした『KINTOに新プランで「高すぎる」に終止符!車の購入と徹底比較!』をご覧ください。

よくある疑問を解決!

Q1:車のサブスク(キント)とカーリースとでは何が違うの?

端的に言うと、KINTO(キント)も車のリース契約です。

しかし、カーリース契約には種類があるため一概にサブスクリプションサービスであるKINTO(キント)を”カーリース”とは言いきれない部分があります。

カーリースと何が違うのかと言うと、カーリースの一部の商品には残価を高額に設定して月々の支払いを安くして後で差額分を精算するタイプのものがあるため、そういったカーリースでは返却時に多額の精算が発生するリスクがあるため、そのように最後に不安が残るサービスを”愛車サブスクリプション”とは言い難いからです。

KINTO(キント)とカーリースの比較や違いについては『トヨタの定額制サービス「キント」と「カーリース」を徹底比較!』をご覧ください。

Q2:KINTOはやめとけ!後悔しそうな人!とはどんな人?

最終的に車を「所有したい人」はKINTOは向いていません。

KINTOは契約満了時に車を返却することが条件となっています。

最後に車が「もらえる」と思ったという人は後悔することになるので注意が必要です。

合わせて読みたい!

KINTOの契約満了時の買取についての詳細は『KINTO(キント)は7年後に買取りできるのか?所有から利用へ』をご覧ください。

Q3:KINTOの審査は厳しい?甘い?

KINTOの審査基準は公式サイトで公表されていませんが、自動車ローン審査と同等と言われています。また、自社グループであるトヨタファイナンス株式会社が審査の保証会社となっているため他社審査のローンやカーリースに比べKINTOの審査は通りやすいでしょう。

合わせて読みたい

KINTOの審査に関する詳細は『「KINTO」審査に落ちる理由と通過する為のポイント』をご覧ください。

Q4:KINTO(キント)でレクサスも契約できるって本当?

KINTO申し込みまでの流れ

KINTO(キント)はレクサスも気軽に審査・申し込みが可能です。まずはグレード・オプションを選択し無料見積もりをしてみましょう。

▲ トヨタ車・レクサス車の無料見積もりは『KINTO公式サイト』から1分で見積もりができます。

合わせて読みたい

KINTOでレクサスオーナーになるメリットについての詳細は『KINTOでレクサスオーナーになるメリット7選|月額料金や車種は?』をご覧ください。

Q5:残価設定ローンとは何が違うの?

まず、ローンとリースの違いは税金が毎月の支払いに組み込めるかどうかです。

ローンの場合、税金は毎月の支払いに組み込めませんのでクルマに関する支払いが”毎月定額”というわけには行きません。

それに比べリースは税金やメンテナンス、保険まで組み込むことができるため正真正銘クルマに関する支払いが諸経費込みで”毎月定額”にすることができます。

また残価設定ローンは残価(残存価値)を保証されていない場合、クルマの返却時にあらかじめ定めた残価(残存価値)と査定価格の精算があります。

さらに査定時に精算のお咎めなしだとしても購入時に後の査定時のために値引きを抑えられている可能性もあるため、どうしても不透明になるデメリットがあります。

購入との違いでいうとKINTO(キント)は法人や個人事業主の方は、かかった費用を経費計上できるメリットがあります。ローンの場合は利息分しか経費計上できませんので注意が必要です。

合わせて読みたい

KINTOと残価設定ローンの仕組みの違いの詳細は『トヨタのKINTO(キント)とは?残価設定ローンとの仕組みの違いを徹底解説』にて詳しく解説しています。


\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

※全車、任意保険がコミコミです※

 

KINTO(キント)の会社概要

正式名称 KINTO
会社名 株式会社KINTO(KINTO Corporation)
住所1 【名古屋オフィス】〒451-6005 愛知県名古屋市西区牛島町6番1号 名古屋ルーセントタワー5階
住所2 【東京オフィス】〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-3-1 室町古河三井ビルディング16階(COREDO室町2)
資本金等 66億円
事業内容 自動車リース、自動車修理・点検、車両管理、中古車売買等、モビリティサービスに関わる一切の事業
公式サイト KINTO

\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/



比較はこちら

なお、車のサブスクの比較やおすすめが知りたい方は『車のサブスク厳選7社を徹底比較!プロがおすすめするサブスクは?』をご覧ください。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。