KINTO(キント)は7年後に買取りできるのか?所有から利用へ

フクロウ君の疑問
キントは契約満了後に車の買取りやもらうことができるのかな?
ミーア先生
キントは乗りたい車を「利用」するサービスだから契約満了後に買取りやもらうことはできないよ。

この記事を書いているボクはリース販売暦9年。いろいろなサブスクやカーリースを見てきたのでキントの買取りや乗換え、キントの新プランについても解説していきたいと思います。

【PR】KINTOは任意保険がついているのが特徴!

画像引用元:KINTO公式サイト

フクロウ君の疑問
「任意保険って結局どこで入ったらいいかわからない……」

★「車検のために貯金をくずしたくない……」

★「子供がいると広い車が必須 だけど 頭金貯金も結構厳しいんだよなぁ……」

ミーア先生
それなら、フクロウくんには「KINTO」がちょうどいいね。おすすめする理由は3つ! 
ミーア先生
1「KINTOは面倒な手間なく任意保険がついてくるよ!

2「KINTOなら車検も税金もメンテも保険もコミコミ定額制だから、まとまった支払いなし!

3「KINTOなら頭金なし!月額定額でお得に新車に乗れる!クレカ払いもOK!(業界初)

そのほかにもこんなメリットが……

・アフターフォローが万全!全国のトヨタ正規ディーラーが対応!

車検・法令点検・修理・メンテナンス・タイヤ交換・代車・相談事等、万全なアフターサービスもすべてコミコミで全国のトヨタ正規ディーラーが対応します。

他社と異なり、任意保険もついてくるため、若い方や任意保険の等級が進んでいない方はさらにお得に利用することができます。

審査に通ってから契約するか決められます。まずは無料で審査に通るか確認してみましょう☆

\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

合わせて読みたい

KINTOの審査に関する記事は『「KINTO」審査に落ちる理由と通過する為のポイント』をご覧ください。
 

所有から利用へ

現在の風潮としてはクルマは所有にこだわらず、「利用」を望んでいる方が増えています。

時代はEV、そして自動運転とクルマを持たなくても(運転しなくても)良い時代に変革しようと動き出していますが、いつになったらEV車が本格的に一般的な値段で普及されるのかは予想がつきません。ちなみに、EV界を率先するテスラモーターの最高経営責任者(CEO)イーロンマスクは「3年ほどで25,000ドル(約260万円)のEVを生産する」と宣言していますが、果たして一体どうなるのか楽しみです。

今後日本でも、CO2削減などの理由からEVは主流になっていくことが予想されています。

つまり新たなイノベーション、EVが主流となった未来ではエンジンのついたクルマの価値は下落しているかもしれません。このような背景からも「所有するよりも利用」、「売却よりも返却」のキントのような仕組みや流れは加速すると思われます。

そんなキントから新プランが登場しましたのでご紹介したいと思います。

キントに最長7年の新プランが登場

3年プランの他に5年・7年プランが追加となりました。

月額をもっと抑えたいと言うユーザーの要望に応える形で新たに5年契約、7年契約が追加となりました。

7年プラン登場の背景

トヨタ目線で言えば3年がベストだったのでしょうが、ユーザー目線からすると月額を抑えてもっと乗れても良いと考えていた方も多いと思います。

自分の物にしなくて良い、しかし月額の安さは重要だと考えている方に7年契約のリースは今とても人気となっています。クルマの修理費のことを考えると、7年や9年くらいで不安定な出費が多くなる前に代替えできれば良いと考えている方が多いのだと思います。

車検1回目で代替えという文化が地方ではまだあまり馴染みがないので、7年プランを入り口にこの新しい乗り方を促進していきたい狙いもあるかもしれません。


合わせて読みたい!

KINTOの新プランについての詳細は『KINTOに新プランで「高すぎる」に終止符!車の購入と徹底比較!』をご覧ください。

KINTO(キント)が向く人、向かない人

KINTOの特徴であるトヨタの最新車種を数年単位で「利用」するという概念が向く人、向かない人がいますので注意が必要です。

KINTOが向かない人

最終的にはトヨタへ返却しなければいけませんので、俗に言うクルマ好きにはあまりおすすめしません。カスタマイズなどは純正オプションであれば問題ありませんが、車検時に適合しないカスタマイズ用品をつけることはもちろん法的にも許されませんが返却時に現状復帰しなければいけないので向きません。

KINTOが向く人

逆に”利用”で十分と考える方には非常に向いています。トヨタからEV車が発表になったとしてもフレキシブルに車種を変更できますし身軽にクルマを利用していくことができる為現在のライフスタイルに寄り添った仕組みに思えます。

\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

【KINTO】愛車サブスクリプション

※全車、任意保険がコミコミです※


合わせて読みたい

KINTOと車の購入どちらがおトクか?の詳細は『KINTOと購入どちらが特か?比較シュミレーション!KINTOは高い?安い?』をご覧ください。

【新登場】のりかえGOとは

そして「利用」するうえでさらに魅力的な新たなサービス「のりかえGO」が発表されました。

「のりかえGO」は、ライフスタイルに合わせて最適なクルマに乗れるよう、割安な手数料で別プランに乗り換えができるKINTO ONE(トヨタ車)のサービスです。
3年プランは契約から1年半後、5年/7年プランは3年後以降、お好きなタイミングで乗り換え可能です。

利用する上で違う車にしたいと思えば、手数料を支払えば車種を変更できるという新車業界おったまげなプランを発表しました。同じサブスクのリースサービスでもこの感覚を持ったサービスは他にありません。



サブスクと購入の支払い金額の比較

車にかかる費用を含めるとKINTOが一番お得に

アクアS HV 1.5L 2WD(5人)を7年間乗った場合でシミュレーションすると、KINTOの月額利用料38,060円、現金一括払い月当たり42,604円、銀行自動車ローン均等84回払い月当たり46,900円となっています。

※KINTO以外の支払いプランは、KINTO月額利用料に含まれるサービス内容(同等の任意保険・メンテナンス等)にて計算。

KINTO公式サイトより引用

内訳の詳細が気になる方はぜひ公式サイト【KINTO】愛車サブスクリプション』よりご確認ください。

さいごに

いまのりセブンとは?クルマの新しい乗り方

クルマは所有する時代から利用する時代へ変化しています。そして、クルマに対する乗り方は今後も大きく変化していきそうです。

自動運転が当たり前の未来ではクリーンエネルギーの観点からEVへシフトし、クルマの台数も大幅に少なくなっているかもしれません。まさに大変革時代を迎えようとしています。

地球に優しいクルマ社会とそのモビリティを中心とした都市設計が早く実現して欲しいと願っています。

合わせて読みたい

KINTOの評判やメリット・デメリットが知りたい方は『悪い評判は?KINTO(キント)のデメリット3つとメリット7つを解説!』をご覧ください。

\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

【KINTO】愛車サブスクリプション

※全車、任意保険がコミコミです※



合わせて読みたい

契約満了時に車が自分のものになるカーリース「オリックスカーリース」についての詳細は『【1番人気】オリックスカーリースをレビュー【初めての方におすすめ】』をご覧ください。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。