残価設定なし(残価0円)のおすすめカーリースとは?

おすすめのカーリース

フクロウ君の疑問
カーリースにしたいとは思っているけど、残価設定があるとトラブルに巻き込まれたりするのが心配だなぁ。

カーリースは月々定額でローンに比べてお得だというのはわかったけど、フクロウくんのように残価が心配!という方が本当に多くいらっしゃいます。

断言しますが、カーリース選びのポイントは間違いなく「残価設定の有無」です。残価の設定がないカーリースの中から一番安く、サービスの仕組みが充実したカーリースを選ぶことが最も重要です。

月々定額で乗れて大きな支払いがないことがカーリースの最大のメリットなのに、残価設定型カーリースには最後に大きな支払いの可能性が残るというデメリットがあります。そんな心配をしながら乗らなきゃいけないカーリース、ボクなら絶対選びません。

ということで今回は、残価設定ではない(残価0円)おすすめのカーリースをご紹介します。

この記事を書いているボクは、カーリース暦5年。カーリースにしてから車検は2回実施済みですのでご参考になればと思います。

ポイント

そもそも残価設定とは何か?を知りたい方はこちら『カーリース選びの注意点=残価設定とは?』をご覧ください。

【実力No.1】オリックス自動車のカーリースなら残価なしで安心!

オリックスカーリース

残価設定 設定無し(いまのりナイン・セブン)
期間 いまのりナイン(9年)いまのりセブン(7年)
月額料金に含まれるもの 車両代・車検代・オイル交換・オイルエレメント交換・登録諸費用・自動車税・重量税・自賠責保険

ボクが残価のない(残価0円)カーリースでおすすめするのが、オリックスカーリース「いまのり」シリーズです。

リース業界No. 1の最大手 オリックス自動車がお届けする個人向けカーリースなら、車両代・登録時諸費用・各種税金・オイル交換代・車検代などがすべてコミコミで月々1万円台から新車に乗れます。残価設定商品ではありませんので、リース期間満了時に残価精算がなく車が自分のものとなります。

そもそものカーリースのメリットは各種税金や自賠責保険が月々の支払いと一緒にできるので支払いをフラットにすることができるというところです。

そのうえ車検とオイル交換などのメンテナンスがコミコミになっているのでお得だからローンよりも人気になっているのです。

ただし「残価」の精算のリスクがどうしてもつきまとうのが今までのカーリースでした。

しかしオリックス自動車が個人専用に出したカーリース『いまのりナイン』『 いまのりセブン』 ならカーリースのいいとこ取りをしたままで、残価精算のリスクを全くおわずに(残価なし)新車に乗ることができます。

 

オリックスカーリースのメリット

オリックスカーリースのメリット

それでは、オリックスカーリースのメリットを見てみましょう。

契約終了後は車が自分のものになる!

残価設定商品ではない為、契約終了後の精算が必要ありません。

つまり、契約終了時に査定は入りませんし残価の精算もなく 車が自分のものになります。

自分のものになるのでそのクルマを売ってしまってもいいのです。残価をわざわざ設定しなくても自分のものにしてから一番高く買い取ってくれるところへ売る方が一番確実でまっとうなやり方です。

期間中のキズやへこみを気にしたくない方に特におすすめです!

 

余裕の月間走行2,000Km!

こちらも他リース商品と比べて圧倒的に余裕がある距離数です。

他リース商品では想定走行距離が月500Kmや年間1万Km以内となっていますが、オリックスの『いまのりナイン』『いまのりセブン』では余裕の月2,000Km設定ですので、気兼ねなく遠出ができます。

この走行距離数ですがオーバーすると、リース会社にもよりますが8円/Km ほどの精算が必要になります。しかしオリックスカーリースでは、もし距離数がオーバーしても契約終了まで乗り続けると車は自分のものになりますので安心して乗れます。

 

7年経過後は解約金0円!

いまのりナインでは7年経過後(いまのりセブンは5年経過後)はいつでも解約金0円で車を返却, または乗り換えることもできます。さらに、返却後の残りの期間分のリース料金の支払いは必要ありません。残価がないうえに乗った分だけの料金でいいのです。

残価設定なしでこんな乗り方ができるカーリースは他にありません。

 

 残価なしなのに格安

なぜ残価がないのに他のカーリースよりも安いのかというと、オリックスグループは日本で一番自動車を購買している企業で、オリックスの購買力を利用しているのでリース料が格安となっています。

さらにWEBで直接販売でリースできるので中間マージンがかからないことや、自社で中古車の入札会場(オークション)を持っているためリースアップ車を中古車オークションに出品したり販売してさばける強みも理由の一つです。

ユーザーが残価のリスクをとらずにこんなに格安でリースできるのはオリックスでなければできない芸当でしょう。

ここではお伝えしきれない『いまのりナイン・いまのりセブンの7つのメリット』もご覧いただければ幸いです。

オリックスカーリースのデメリット&注意点

注意点は?

私はいまのりナインに乗り換えて不便に感じたことはありませんが、使い方が合わずに不便に思う方もいるかもしれません。

リース契約前に、オリックスカーリースの注意点&デメリットを確認しておきましょう。

・基本的にいまのりナインは7年間(いまのりセブンは5年間)は乗らなければなりません。

ですから短期間(たとえば1回目の車検ごと)でクルマを買い換えて乗るような方にはおすすめしません。

・ローン返済のように残一括の支払いが基本的にはできません。月々定額で支払いをしていく商品です。

・お申し込み資格はお申し込み時75歳までの商品となっています。年金の方でもお申し込みできます。

・走行距離数は月2,000kmまでの商品です。ただしリース満了まで乗ると自分のものになりますので、そのまま乗り続けるつもりの方には関係ありません。

・無料クーポンは車検/オイル交換/オイルエレメント交換の基本的なメンテナンスのみなのでその他で消耗部品の交換が生じた場合は各自で負担することとなります。

 

関連記事:「いまのりナイン」・「いまのりセブン」の中途解約については『いまのりナイン・いまのりセブンの事故・中途解約について』をご覧ください。

残価設定なし(残価0円)の定番カーリースの比較

カーリースを比較検討する

もろこみ:オリックス自動車がカーコンビニ倶楽部へ提供しているカーリースサービス。車検は無料クーポンで対応。オイル交換は別料金。残価は0円で、契約満了時にクルマは自分のものになる。

いまのり:カーリース最王手のオリックス自動車が個人向け専用に出したカーリースサービス。車検・オイル交換・オイルエレメント交換は無料クーポンにて対応している。残価は0円で、契約満了時にクルマは自分のものになる。

定番は上記のとおり。

「もろこみ」はオリックスが提供しているサービスのため、いまのりと似ていますが「オイル交換」が別なのが残念。オイル交換付きのメンテナンスパックが月2,500円(税抜き)からなので、その分リース料金が高くつきます。

料金が高くなっても充実したメンテナンスをパックにしたい方には向いています。

とりあえず、ユーザーの多さや実績を考慮してオリックス自動車のカーリース「いまのり」がおすすめです。

ポイント

なお、各リース会社のリース料金の比較した料金の最安ランキングは『知らなきゃ損するカーリースのリース料金の比較とたった一つの注意点』でご確認ください。

 

無料でリース料を見積る3つの手順【簡単すぎです】

1.まずは公式サイトにアクセスしてから「お問い合わせ」をクリックします。

『いまのりナイン』のスズキ対応車種は?

2.見積もりたいクルマの名前やグレードがわかれば入力します。

『いまのりナイン』のスズキ対応車種は?

3.必要事項を記入してから「入力内容の確認に進む」をクリックします。

『いまのりナイン』のスズキ対応車種は?

 

すると、オリックス自動車から返信メールが届きます。審査の申し込みは返信メールから簡単に申し込めます。

審査の申し込みは見積もり後の返信メールから行えます

簡単ですので是非公式サイトより無料見積もりをしてみてください。

オリックスカーリースオンラインにて無料でリース料を見積もる

 

なお、ボクが一番おすすめする残価のないオリックスカーリースのレビュー記事は『【一番人気】オリックスカーリースのレビュー【初めての方におすすめ】』をぜひご覧ください。

 

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。