中古車購入と新車カーリースを比較!結局どっちがお得なの?

比較検討

中古車を購入するべきか、新車カーリースにするべきか悩んでいる方もいるかと思います。

今回はそんな方に「そもそもカーリースとは何なのか?」「新車にすることのメリットは?」「最近の中古車市場について」みていき中古車購入と新車カーリースを比較していきます。

そもそもカーリースとは?

カーリースとは、リース会社が購入したクルマを月々定額でリース会社から借り受けるサービスのことです。

クルマの「所有者」はリース会社となります。各種税金の納付などは所有者の義務となるため、リース会社が行います。

ユーザーは「使用者」として月々のリース料を支払うことにより一定期間、自分のクルマのように乗ることができます。

車検時の大きな支払いや税金の支払いを気にすることなく毎月一定額がクルマを利用できることが最大のメリットです。

なお、カーリースとはいったい何なのか?詳しく解説した『【カーリースとは?】小学1年生でも理解できるカーリースの仕組み』をご覧ください。

また、クルマのサブスクリプションサービスとカーリースの違いについての解説は『【車の定額制】サブスクリプションとは?カーリースとの違い』の記事をご覧ください。

カーリースとマイカーローンの違い

オリックスカーリースの場合

参照:カーリースオンライン

中古車や新車の現金購入やマイカーローンでは、月々の料金に各種税金や自賠責保険料は組み込まれていません。

カーリースの場合は各種税金や自賠責保険などがコミコミとなっているため余計な心配がなく、月々の定額料金でクルマに関する予算をあらかじめ定めることができます。

カーリースでクルマに乗った場合とマイカーローンで購入した場合での長期使用の料金シミュレーションが気になる方は『家計の節約にカーリース?マイカーローンと比較してみた』をご覧ください。

新車のメリット

新車

新車にすることのメリットをみていきましょう。

車にかかるコストが安くなる!

・新車は当初数年の整備代があまりかかりません。

・新車はメーカーによる保証が長く付きます。自動車メーカーの「新車保証期間」は、一般的に3年または車両走行距離60,000Kmのどちらか早い方です。

・新車はエコカー減税もあります。エコカー減税とは、環境性能に優れたクルマに対して、自動車取得税、自動車重量税が軽減される制度です。

ガソリン代が安くなる!

たとえば約10Km/ L の燃費の中古車に乗っていて月に1万円のガソリン代がかかるのに対して、22.3Km/ L の燃費の新車に乗り換えると月々約6,000円のガソリン代の削減となります。あくまで目安ですが毎月 数千円浮くのであれば、新車のメリットと言えるでしょう。

その他にも、色が自由に選べることやメーカーの保証がつくこと、新車でしかかけることができない保険の特約なども新車のメリットになります。

中古車のリスク

中古車の場合

中古車は販売価格自体は安いのですが、新車よりもリスクがあります。

現在の中古車市場は販売店にもよりますが、中古車の高年式商品の商品不足により値段が高騰し低年式商品の品質の悪化が著しいからです。

というのも、最近では新車購入後にそのまま乗りつぶす人が増えているため、中古車市場は深刻な商品不足となっています。

業者が下取りしたクルマは余程なことがない限り、そのお店で売られます。そのお店で売れなかったり、そのお店では売りたくないような訳ありのクルマに関しては自動車オークションへ売却されます。

中古車販売店は下取りや買取りができれば良いのですが、最後までクルマを乗りつぶすユーザーが増えなかなか良いクルマの状態で中古車として降りてくることがなく、結果、商品不足におちいり、自動車オークションで中古車を仕入れることが多くなっています。

ユーザーは安く購入できたとしても、すぐに壊れる可能性がありますし中古車の保証は販売店の保証となることがほとんどなので購入の際は保証に関する確認が必要です。安めの中古車で故障・修理のリスクを抱えるよりも、安めの新車を長期的にリースするほうがおすすめのように思います。

各社リース料金の比較が気になる方は『カーリース料金の比較とたった一つの注意点』をご覧ください。

しかし、どうしても月額払いを抑えたい場合や使用期間を短期間で希望している場合に限っては、実績のある中古車カーリースという選択肢もあります。

中古車カーリースであれば、実績ナンバー1オリックス自動車が信頼できるかと思います。

詳細は公式サイトよりご確認ください。

オリックス自動車 公式サイトはこちら≫『オリックス カーリースオンライン

中古車カーリース

コンディション証明書付き中古車のみ

まとめ

中古車のデメリットはやはり故障のリスクが伴うことです。

思わぬタイミングでの大きな修理費用など突然のクルマに関わる出費が大きいことが挙げられます。

単純な新車と中古車の比較はもちろんできませんが、新車カーリースにすると燃費が良くなることに加え、クルマに関わる突然の出費が避けられます。このことは想像以上に大きな恩恵でしょう。

以上のことから、クルマの利用期間で中古車かリースかを決めるのがおすすめです。

1~3年程度の利用の場合は中古車。3年以上利用の場合は新車リースまたは高年式の中古車リース。

軽自動車のカーリースであれば月々1万円台で車検や税金、メンテナンスが付いて新車に乗ることができます。もちろん新車なので、部品の故障などはメーカー保証が付いていますのでもしもの故障時も安心です。

しかし、ここで気を付けなければいけないことがあります。カーリースには「残価設定リース」と「残価のないカーリース」が存在しますが、カーリースを選ぶ際にはこの『残価設定』についてよく知っておかなければならないからです。

残価設定については『カーリース選びの注意点=「残価設定」とは?』をご覧ください。残価のない格安カーリースについても紹介しています。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。