「KINTO(キント)」法人契約7つのメリットと注意点

更新日:

フクロウ君
トヨタのサブスクKINTOを法人契約で利用するメリットや注意点ってなんだろう?

個人契約と法人契約では何が違うの?

この記事はこのような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

この記事を書いているボクは、元ディーラー営業マンで今は海と山に囲まれた田舎町でクルマ屋を運営していて、カーリース販売歴9年、オリックスカーリース(いまのり7)販売台数7年連続 県内第1位となっています。

カーリースや車のサブスクはそれぞれ商品内容が異なるため、このサイトでできるだけわかりやすく解説できればと思い書いています。

今回はKINTOの法人契約について解説していますのでKINTOについて知りたい方の少しでも参考になれば幸いです。



KINTO 法人契約7つのメリット

KINTO法人契約のメリットは以下の7点です。

メリット1. KINTOの自動車保険料は法人の役員・従業員とその家族まで補償している!

メリット2. キャッシュフローが安定する!

メリット3. わずらわしいわしい手間から解放で業務効率化に貢献!

メリット4. 事業ニーズに合わせて社用車の見直しができる!

メリット5. クレジットカード払いも選べて、クレカのポイントが貯まる!

メリット6. WEBで見積もり申し込みが可能!申込時の決算書提出が不要!

メリット7. 経費(損金)処理できる



KINTO 法人のメリット1. KINTOの自動車保険料は法人の役員・従業員とその家族まで補償している!

KINTOの自動車保険料は法人の役員・従業員とその家族まで補償しています。

また、万が一の事故で自動車保険を使用した場合も月々の負担は変わりません。

KINTO 法人のメリット2. キャッシュフローが安定する!

KINTO法人契約の利用は車に関するキャッシュフローが安定するでしょう。

KINTOは車検や各種税金、メンテナンス費用、消耗品、諸経費など車に関わることすべてコミコミとなっています。

そのため、費用の平準化をはかることができ、突発的な出費がありません。また、クルマに関する費用が見える化します。

KINTO 法人のメリット3. わずらわしい手間から解放できて業務効率化に貢献!

KINTOは、わずらわしい手間から解放できて業務効率化に貢献します。

わずらわしいメンテナンス時期の管理や突発的な故障対応、自動車保険の手続き、事故の際の保険金請求、各種納税もKINTOにすべてお任せできるので、ガソリンを入れて乗るだけです。

さらに正規ディーラーによるメンテナンスで安心安全。トヨタ車・レクサス車のプロが万全のサポートをします。



KINTO 法人のメリット4. 事業ニーズに合わせて社用車の見直しができる!

KINTOは事業ニーズに合わせて社用車の見直し(中途解約後に車種変更)ができます。

中途解約時、一般的なリースでは残期間の一括清算が必要なこともあります。

例)3年間、月額5万円の契約を24ヶ月目で解約する場合

一般のカーリースでは残り1年分(5万円×12ヶ月分=60万円)の清算金が必要になる場合も……

しかしKINTOなら、解約金が明確&割安(5万円×2ヶ月分=10万円)なので、社用車の見直し時の中途解約リスクを最小限に抑えられます。

KINTO 法人のメリット5. クレジットカード払いも選べるのでポイントが貯まる!

KINTO法人契約においてもクレジットカード払いが選べるのでポイントが貯まります。

例えば、月額5万円のヤリスクロスだと、1%の付与の場合年間で6,000円分のポイントが貯まります。

KINTO 法人のメリット6. WEBで見積もり申し込みが可能!申込時の決算書提出が不要!

KINTOはわざわざお店まで行かなくても、WEBで見積もり申し込みが可能です。また基本的に申し込み時の決算書の提出が不要です。

そのため納車までお店に出向く必要がなく時間短縮につながりスムーズです。

KINTO 法人のメリット7. 経費(損金)処理できる

貴社会計基準において、オペレーティング・リース取引(賃貸借扱い)に分類される場合、債務とみなされないので貸借対照表に影響がなく資金調達余力を温存できます。

さらに、月額利用料を損金扱いできるので、面倒な減価償却から解放されます。

なお、財務・会計処理に関わるメリット・デメリットは、貴社における財務・会計基準や車両の使用方法によって異なるため、担当の会計士・税理士にご確認をお願いします。

合わせて読みたい

「車の購入」と「KINTO」ではどちらがおトクなのか?購入との比較シミュレーション記事は『KINTOに新プランで「高すぎる」に終止符!車の購入と徹底比較!』をご覧ください。

トヨタ「KINTO」法人契約の注意点

KINTO法人契約の注意点は以下の通りです。

・想定走行距離数 月間1,500Km以下

・契約満了時に返却が条件

・通常の使用範囲を超える場合(サッカーボール大の傷や凹み、20cm程度の内装の傷や汚れなど)は返却時に清算が発生する場合もある

・「のりかえGO」は個人契約のみ

・レクサス車は3年プランのみ

合わせて読みたい

KINTOの評判・メリット・デメリットについては『悪い評判は?KINTO(キント)のデメリット3つとメリット7つを解説!』をご覧ください。

KINTO 個人名義と法人名義の違い

KINTOの個人名義と法人名義の違い一覧は以下の通りです。

法人名義 個人名義
頭金 不要 不要
契約期間 3年・5年・7年 3年・5年・7年
連帯保証 原則必要(代表者) 不要
保険適用範囲 法人の役員職員とその家族 契約者が認める方
中途解約金免除 なし ・免許返納(3年プランのみ)
・海外転勤(3年プランのみ)
・脂肪の場合
のりかえGO 対象外 対象(個人契約のみ)
ボーナス払い併用 なし 55,000円、110,000円、165,000円より選択可

※レクサス車の契約期間は3年のみです。

※法人の役職員とは、ご契約法人の役員および直接雇用のある職員(パート・アルバイト含む)です。派遣社員・委託先社員は含まれません。ご家族の範囲は、同居の親族(6親等内の血族+3親等内の姻族)および別居の子です。



KINTO 法人契約の必要書類

KINTO法人契約の必要書類は以下の通りです。

・代表者(連帯保証人)の本人確認書類(運転免許証)

・法人番号

・法人名義の口座または法人契約のクレジットカード

・代表者(連帯保証人)の本人確認書類(運転免許証)

代表者の連帯保証人が必要なので、代表者の本人確認書類(運転免許証)が必要です。

もしも代表者が運転免許証を持っていない場合は、店頭での申し込みとなります。

・法人番号

法人番号の用意があると入力がスムーズです。

・法人名義の口座または法人契約のクレジットカード

法人名義の口座または法人契約のクレジットカードが必要なので、準備しましょう。



  • この記事を書いた人

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学スペイン語コース修了)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。

Copyright© カーリースの教室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.