賢い乗り方 車のサブスク 基礎知識

カーリース(車のサブスク)コスパ最強のサービス5選!安さと内容を徹底比較

フクロウ君の疑問

★ コスパの良い(安い)カーリースはどこ?

★ コスパの良いカーリースを見分けるサービス内容は?

★ コスパの良いカーリースの選び方は?

カーリースの利用を検討中の方にとって、コスパの良さは最も重視したい点ではないでしょうか。毎月のリース料金の安さはもちろん、サービス内容のコスパが良いかどうかも気になりますよね。

今回はカーリース会社の「コスパ」について、プロ視点で比較・解説していきます。

ミーア先生
これからカーリース会社を決めようと思っている方や、カーリースのサービス内容の違いを知りたい・比較したい方におすすめです。

コスパ最強カーリースサービスの動画解説はこちら↓

カーリース料金のしくみ

カーリースの料金は毎月の支払いが定額です。またリース料金には車両代金のほか、諸費用や税金などが含まれています。

カーローンでは車両代金に対してローンを組み、メンテナンスなどの諸費用はその都度支払うのが一般的ですよね。

しかしカーリースでは、車に乗るための諸費用をまるっと支払えるところに違いがあります。

カーリース料金のしくみ

そもそもカーリースとは、車両をリース会社が購入して顧客に貸し出すサービスです。

そのため車検証では車の「所有者」がリース会社で、「使用者」が顧客となっています。そしてリース会社が設定したリース料金を、顧客が乗りたい契約期間中に支払うという流れです。

皆さんはカーリースの料金について、どんなイメージをお持ちですか?

「長い期間支払うからカーローンよりも割高」「カーリースのしくみが分からないから不安」といったマイナスの気持ちが少しはあるのではないでしょうか。

しかしカーリース料金のしくみを知れば知るほど、お得で利用しやすいサービスだということが分かりますよ。

ミーア先生
短期利用のレンタカーと違い、カーリースでは「わ」ナンバーにはなりません!

カーリースの料金に含まれているもの

・維持費 契約期間中に支払う税金や諸費用・自賠責保険料など
・メンテナンス代 定期的なメンテナンスや車検代・オイル交換代など
・保証 メーカーの部品保証など
・各社で設定されたオプション料金

ほとんどのカーリースで上記の費用が毎月のリース料金に含まれています。諸費用はどれも車に乗るためには欠かせない費用ですが、面倒な諸費用の支払いをカーリース会社に全てお任せできますよ。

ただしメンテナンス代がオプション料金となっているカーリースも存在します。

ミーア先生
カーリース会社によって料金形態に違いがありますが、おおむね上記の費用は含まれているでしょう。

リース料金を安くするポイント

リース期間を長く設定する

カーリースはリース期間が長いほど、毎月支払う料金が安くなります

。なぜかというと総額から支払い回数を分割して、毎月のリース料金を設定しているからです。つまりカーローンの支払いと同様ですね。

カーリースでも支払い回数が多いほど、1回の支払い金額が少なくなります。

残価を高額に設定する

月額料金を単に安くしたいのであれば、残価を高額に設定することで安くできます。

しかしこの方法はかなり危険なためおすすめしません。なぜなら中途解約や買取り時、返却時に高額な請求を求められるリスクが非常に高いからです。

今のクルマは故障も減りクルマの寿命が伸びているため、リース期間を長く設定して安くする方法が多く選ばれています。

車両価格や維持費が安い車を選ぶ

当たり前のことですが、車両価格がもともと安い車は維持費やリース料金が安くなります。

カーリースでも軽自動車はコスパが良い車種として人気が高いです。車種にこだわりがなくコスパの良さで選ぶなら、軽自動車がおすすめです。

ミーア先生
ちなみに、ボクがおすすめするコスパの良いクルマ第1位は軽自動車「ダイハツ ミライース」です!低価格・低燃費・日本の狭い道に最適です!

メンテナンス内容を確認する

多くのカーリースのリース料金には「メンテナンス代」が含まれています。

ただしメンテナンスに関しては、カーリース会社によって受け方や料金のしくみが大きく異なるので注意が必要です。

たとえばリース料金だけで必要なメンテナンスをほとんど受けられるカーリースもあれば、オプション料金としてメンテナンス内容を自由に選ぶことも可能です。

たとえば「メンテナンスは知り合いのお店に依頼したい」という方は、メンテナンスプランを利用せずリース料金を安くできます。

維持費の割引サービスを利用する

カーリースは長期に渡り契約するサービスですから、お得な割引をしてくれるカーリース会社があります。

たとえば車検代が安くなる・ガソリン代が割引されるなど、カーリース会社ならではの割引で他社と差別化をはかっている場合もあります。

ミーア先生
カーリースのコスパを良くするためには、リース料金だけでなく維持費のコスパにも注目することも大切なポイントです。

コスパの良いカーリースのサービス5選

カーリースのサービスにも色々な内容がありますが、各会社のサービス内容をいかしてコスパを良くすることもできます。

リース期間を自由に設定できる

各カーリース会社で設定されているリース期間には、あらかじめ年数が決められているパターンと自分で自由に決められるパターンが存在します。

たとえば6年間借りたいのに5年リースと7年リースしかなかった場合、1年間長く乗ることになってしまいますよね。

しかしリース期間を自由に決められるカーリースであれば、契約期間に無駄がなくコスパも高いです。

初期費用・頭金・ボーナス払いが不要

カーリースの中でも、リース料金以外に実費で支払う費用が少ないほどコスパが良いです。

車に乗るときには初期費用や頭金・ボーナス払いが一般的でしたが、カーリースではまとまった支払いが不要なケースが多いです。

ただし、全てのカーリースで頭金やボーナス払いが不要ではありません。まとまった支払いが不要で毎月定額のカーリースなら、長期契約でも無理なく支払いができます。

メンテナンスプランの料金と内容が充実している

カーリースのメンテナンスプランは、会社によって設定がさまざまです。

リース料金に全てのメンテナンスが含まれている会社もあれば、メンテナンス代はオプションで、予算に合わせて自由に決められる会社もあります。

メンテナンスを全てお任せしたい方は、リース料金に多くのメンテナンス内容が含まれているカーリースを選びましょう。

ミーア先生
逆に、できるだけ自分で依頼したい方はメンテナンス内容をカスタマイズできるカーリースがおすすめです。

残価設定の内容(車がもらえる・残価精算不要など)

リース契約満了時に車がもらえるカーリースや、残価精算が不要のカーリースもコスパが良いです。

残価設定があるカーリースやカーローンでは、車を自分のものにしたい場合にまとまった費用が必要です。しかしカーリース会社の契約内容によっては、残価精算が不要でそのまま車がもらえるコスパの良いカーリースもあるのです。

ミーア先生
最終的に車を自分の物にしたい方は、残価精算の有無を調べておきましょう。

ガソリン代や車検代が割引される

車に乗るための維持費は欠かせませんが、ガソリン代や車検代が割引されるカーリースなら維持費のコスパが良くなります。

コスパの良いカーリースを選ぶポイント

コスパの良いカーリースを選ぶためには、ご自身のニーズに合ったカーリース会社を選ぶことがポイントです。ボクがカーリースを選ぶ際にアドバイスしているポイントは、大きく分けて4つあります。

乗りたい車種があるか

カーリースによっては車種やメーカーが限定されている場合があります。

まずはご自身がどんな車に乗りたいのかを考えてみましょう。軽自動車に乗りたいのであれば、軽自動車を取り扱っていることが大前提です。

また中古車リースであれば、さらにリース料金が安くてコスパが良いです。コスパ重視の方は中古車リースをしているカーリースも検討してみてください。

ポイント

コスパの良い中古車カーリースは、オリックスカーリースの中古車リースがおすすめです。
詳細は公式サイト『オリックス カーリースオンライン U-car 』をご覧ください。

希望通りの契約期間で借りられるか

カーリースを利用するにあたって、何年契約を希望していますか?リース会社によってはご希望の契約年数ぴったりに契約できないことがあります。

なぜなら、カーリース会社によってはあらかじめ契約期間の選択肢が設定されていることがあるからです。

もし契約期間中に途中解約をするとなると、違約金が発生する場合があるので注意しましょう。違約金を支払うことになったら、コスパが悪くなってしまいます。

メンテナンスや車検の手軽さ

カーリースのメンテナンスに求められる受け方や内容は、人によってさまざまです。カーリースではメンテナンスを受けるための指定店がある場合と、お店を自由に決められる場合があります。

メンテナンスや車検を全てリース会社にお任せしたい方は、指定店でメンテナンスを受けられるカーリースがおすすめです。

ミーア先生
逆にご自身で手配したい方やなじみのお店がある方は、メンテナンスを受ける場所にこだわらないカーリースを選びましょう。

車を自分のものにできるがどうか

カーリースではリース契約満了時の車をどうしたいか、以下の5つの選択肢から選ぶことになります。

特に契約満了後に車を自分のものにしたい方は、契約前に確認をしておきましょう。

・返却
・残価を現金一括で支払って車を買い取る
・残価にローンを組んで車を買い取る
・残価を支払わず車をもらう
・定額のオプション料金を支払って車をもらう

ただし全てのカーリースで車がもらえるわけではありません。車の返却が必須のカーリースや、残価を支払って車を買い取るカーリースもあります。

ミーア先生
もしコスパの良さで選ぶなら、「残価を支払わず車をもらう」や「オプション料金を支払って車をもらう」の方が良いですよね。後ほど詳しく比較検証していきましょう。

合わせて読みたい!

契約終了後、車が自分のものになるカーリースオリックスカーリースの詳細は『オリックスカーリースの悪い評判とデメリットの真相とは?プロ目線で徹底解説』をご覧ください。

カーリースの教室がおすすめするコスパの良いカーリース会社

コスパの良いカーリースを選ぶといっても、数あるカーリースの中から自分にあったサービスを選ぶのは難しいものです。

そんなときには、「カーリースの教室」がおすすめするカーリース会社から選んでみてください。

今回ご紹介するカーリース会社は3つ。どれも違った特徴があるので、求めているサービス内容が見つかるはずですよ。

車検代とオイル交換の無料クーポン付き。残価設定なしで車がもらえる「オリックスカーリース」

オリックスカーリースは大手オリックスグループが運営するカーリースです。大手ならではの購買力と運営力をいかして、コスパの良いサービスを提供しています。

オリックスカーリースのおもな特徴
・国産車全車種に対応
・車検代とオイル交換・オイルエレメント交換の無料クーポン付き
・契約満了時に残価設定なしで車がもらえる
・契約満了の2年前からの途中解約は違約金不要

\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

オリックスカーリース【公式】お申し込みはこちらから

※審査申し込みは契約ではありません。

維持費がほぼコミコミの「トヨタ KINTO(キント)」

トヨタ自動車のグループ会社が運営しています。KINTOの強みは、車に乗るための維持費のほとんどがリース料金にコミコミな点です。

しかも他のカーリースではない「任意保険」までコミコミです。ただし対応車種はトヨタ車とレクサス車のみとなります。

KINTOのおもな特徴
・任意保険がリース料金にコミコミで、車の共有ができる
・メンテナンス代や車検代・税金などほぼ全ての維持費がリース料金にコミコミ
・トヨタの正規ディーラーでメンテナンスを受けられる

\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

【KINTO】愛車サブスクリプション

※全車、任意保険がコミコミです※

初期費用・頭金・ボーナス払いが不要「定額カルモくん」

定額カルモくんはオリックスグループのカーリースです。コスパの良さを重視したプランが豊富で、自分好みにカスタマイズしたリース契約ができます。

定額カルモくんのおもな特徴
・国産車のほぼ全てに対応
・リース期間を1年ごとに決められる
・「もらえるオプション」に加入すれば契約満了時に車がもらえる

\まずは無料見積もり&リース審査から!/

定額カルモくん公式ページはこちら

※審査申し込みはご契約ではありません※

コスパの良いカーリース会社のサービス内容を比較

オリックス・KINTO・定額カルモくんを比較シミュレーション

カーリースの教室がおすすめする、コスパの良いカーリース(オリックス・KINTO・定額カルモくん)3社を比較してみましょう。今回はリース期間や料金・オプションや残価精算などの違いを比較してみました。

リース料金の比較方法:各社公式ホームページのオンライン見積り
リース料金の比較車両:トヨタ アクア
リース期間:7年

※グレードやオプションについては、3社が同様になるようにシミュレーションしています。

オリックスカーリース KINTO 定額カルモくん
リース期間 7年・9年・11年 3年・5年・7年 1年から11年まで、1年ごとに設定できる
リース費用 39,380円 38,280 円 41,454円
頭金・ボーナス払いの有無 不要(選択可能) 不要(選択可能) 不要
メンテナンス代 リース料金に含まれる リース料金に含まれる オプション料金

(上記金額に加算済み)

残価精算の方法 不要 不要 不要
車がもらえる 返却のみ

※月額500円の「もらえるオプション」加入と、7年以上の契約が条件。

車検代割引 車検・オイル交換・オイルエレメント交換の無料クーポン付き

シミュレーション結果を見てみると、リース料金はKINTOが一番安いという結果になりました。

KINTOでは車の維持費のほとんどがリース料金にコミコミなのでコスパが良いです。しかしKINTOでは車の返却が必須となっています。

オリックスカーリースでは車検やオイル交換・オイルエレメント交換代の無料クーポンが付いてきます。車種のラインナップも多いです。ただし契約期間があらかじめ設定されているため、借りたい年数と照らし合わせてみましょう。

定額カルモくんは少し料金が高いですが、顧客の希望に沿った契約ができます。メンテナンスプランを外せばさらに5,000円ほど安くすることが可能です。

車をもらうためのオプション料金がありますが、毎月500円と無理なく支払えるのもポイント。

安いカーリースを選ぶときの注意点

高額な残価精算

カーリースの月額料金には、安いと見せかけて高額な残価精算を請求するケースがあります。

チラシや看板に提示されている月額料金だけで判断しないようにしましょう。

そもそもカーリースには「残価」というものがあります。残価はリース料金には含まれず、契約満了時に支払いを求められることがあるのです。しかし全てのカーリースで残価精算が必要ではありません。

残価精算には「オープンエンド」と「クローズドエンド」の2つの方式があります。

オープンエンド方式

オープンエンド方式は、契約満了時に残価と返却時の実際の市場価値との差額を精算する方式です。

オープンエンドの残価清算の責任は契約者にあります。

もし市場価値が最初に設定した残価を下回った場合は、差額を請求されます。

クローズドエンド方式

一方でクローズドエンド方式は、残価の設定があるものの差額の支払いはリース会社が負担してくれます。

クローズドエンド方式が取れるカーリースは購買力や再販力が強い傾向にあります。

つまり、大手カーリースの強みともいえるのです。

ミーア先生
メーカーのリース商品ではトヨタのみがクローズドエンドの形態をとっていますが、市場価値が高水準で保たれているトヨタだからこそできるわけです。

合わせて読みたい!

トヨタのサブスク KINTOについての詳細は『悪い評判は?KINTO(キント)のデメリット3つとメリット7つを解説!』をご覧ください。

頭金やボーナス払いが必須

掲示されているリース料金が著しく安いカーリースでは、頭金やボーナス払いが必須となっている可能性があるので注意しましょう。

頭金やボーナス払いが必須の場合、契約時や年に数回のまとまった支払いが発生します。その代わりに、毎月のリース料金が安くなるというしくみです。

カーリースはカーローンと異なり長期的な契約になります。途中で離職や転職をしてボーナスが減ってしまったら、年に数回の支払いも困難になるかもしれません。

また頭金やボーナス払いがあると、「毎月定額」というカーリースのメリットも薄くなってしまいます。

ミーア先生
このように、契約期間中に負担が大きくなったり総額が高くなったりするケースがあります。

カーリースを選ぶときは月額料金だけを見るのではなく、契約内容をしっかりと確認しましょう。

よくある質問

カーリースとカーローンではどちらがお得?

カーリースは車の所有に必要な諸費用も毎月定額です。また頭金やボーナス払いも不要のため、長期の契約でも無理なく支払えます。コスパの良さで選ぶならカーリースがお得です。

カーリース選びに失敗しないためのポイントは?

契約内容をよく確認することです。リース料金以外の支払いがあるのかどうか、また契約年数もチェックしましょう。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。 YouTubeで動画解説も始めました↓