カーリースに向いている人向いていない人をプロが徹底解説!

投稿日:

フクロウ君
カーリースに向いている人と向いていない人の特徴とは?

今回は、カーリースに向いている人と向いていない人の特徴についてお答えします。

この記事を書いているボクはカーリース販売歴が9年になりますので、カーリースやクルマのサブスクについて興味をもった方にカーリースの特徴を含めてわかりやすく解説できればと思います。

それでは早速、「カーリースに向いている人と向いていない人の特徴」について見ていきます。

カーリースに向いている人の特徴

カーリースに向いている人の特徴は以下の通りです。

カーリースに向いている人の特徴

・乗り出しまでにかかる初期費用の負担を減らしたい人

・クルマに関する大きな支出を減らしたい人

・ディーラーで対面商談するよりも気軽にWEBで注文したい人

・いろいろなクルマに乗り換えたい人

・車検の出費や税金の支払い忘れを気にとめていたくない人

初期費用の負担を減らしたい人にカーリースが向いているワケ

カーリースは初期費用が極端に少なく済みます。

通常の購入の場合は、購入時にまず頭金としてある程度まとまったお金を支払う必要があります。

しかし、カーリースの場合は、頭金が不要となっています。

そのため、月額料金で乗り出すことが可能なので初期費用の負担を減らしたい方に向いています。

クルマに関する大きな支出を減らしたい人にカーリースが向いているワケ

カーリースは、車検時や納税時にまとまったお金が出ていく心配がありません。

月額料金の中に税金や車検代、自賠責保険料などの料金が含まれているからです。

普段の月額料金を支払っていれば車検、税金、自賠責保険、メンテナンス等が含まれるため、クルマに関する大きな支出を減らしたい人に向いています。

気軽にWEBで注文したい人にカーリースが向いているワケ

購入の場合は、店舗へ出向いたりなどして営業マンと商談をしなければいけませんが、カーリースは一部をのぞきWEBで注文ができます。

カーリースは“クルマの購入”をリース会社が行うので「購入」の手続きを踏む必要がありません。

契約者はリース会社が提供するクルマを「借用する」ためのリース契約をリース会社と結びます。

現在、「購入」ではカーリースのように気軽にネットで契約することができません。各都道府県には各メーカーのディーラーが存在するためです。

“メーカーはディーラーに供給し、ユーザーはディーラーから購入する、またはディーラーを通した自動車販売店で購入する”というのが購入の流れになっています。

しかし、カーリースの場合は、契約者はディーラーや自動車販売店から購入する必要はなく、リース会社(オリックスのような大企業)がメーカーなどからクルマを大量購入し、契約者はリース会社とリース契約を結ぶだけですみます。結果的に契約者はディーラーを通さずにリース契約をむすぶことができます。

そのため、カーリースはWEBで注文することができるという特徴を持っており、気軽に自宅で注文したい方に向いています。納車だけはディーラーが行います。

いろいろなクルマに乗り換えたい人にカーリースが向いているワケ

購入の場合、クルマを乗り換える=「売却」となります。

しかしカーリースの場合は、面倒な手続き不要の「返却」で済みます。

クルマを返却して終了または、新たな契約として「乗り換える」ことも可能です。

3年後や5年後、7年後などのクルマのメンテナンスにお金がかかり始める頃にわざわざ売却しなくとも「乗り換え」をサクッと選べることができます。

そのため、色々なクルマに乗り換えたい人にとってもカーリースは向いています。

車検の出費や税金の支払い忘れを気にとめていたくない人がカーリースに向くワケ

購入では税金や自賠責保険料はまとめて支払えませんしローンを組むこともできません。

しかしカーリースでは、税金や自賠責保険料もコミコミとなっているので車検の出費や税金の支払い忘れに気をとめる必要はありません。

クルマに関するわずらわしいことで心配したくない人にとってもカーリースは向いています。

合わせて読みたい

クルマのサブスクの厳選比較については『車のサブスク厳選7社を徹底比較!プロがおすすめするサブスクは?」をご覧ください。

カーリースに向いていない人の特徴

カーリースに向いていない人の特徴は以下の通りです。

カーリースに向いていない人の特徴

・すぐクルマを自分のものにしたい人

・カスタマイズや改造を思いきり楽しみたい人

・まとまった資金があり車検の出費も気にならない人

すぐクルマを自分のものにしたい人にカーリースが向かないワケ

カーリースを乗っていくうえで愛着が湧き、自分のものにしたくなってもリース会社の所有権を解除できるようになるのは契約満了時に残価分を支払い「買取り」を選んだ時です。

契約後すぐに「自分のもの」にすることはできません。

またリースの内容によっては「返却」が条件となっている場合もありますので。契約前によく確認しましょう。

カスタマイズや改造を思いきり楽しみたい人にカーリースが向かないワケ

カーリースは賃貸借契約なのでアパートと同じように返却時は原状回復が条件です。

ディーラーオプションカタログに記載されているようなオプションでは問題ありませんが、社外品になると車検に適合するかギリギリのような商品もあり検査員によっては通らない場合もありますので、そういうカスタマイズでは返却時に原状回復を求められます。

そしてその際の原状回復費用は契約者が負担することになりますので、カスタマイズや改造を思いっきり楽しみたい人にカーリースは向かないでしょう。

まとまった資金があり車検の出費も気にならない人にカーリースが向かないワケ

カーリースはまとまったお金が出て行かないことがウリの商品ですが、それ以上に余裕があり車検の出費も納税も気にならないような人であれば現金一括で購入する方が良いでしょう。

ただしホリエモンこと堀江貴文さん曰く「クルマは購入するなら現金よりもローンで」とおっしゃっています。

理由は「マイカーローンの金利は他の金利に比べて安く、分割できるならそれを利用し、資金は手元に残しておくべき」とのことらしいです。

人それぞれの考え方ですがこのような意見も参考になるかと思います。

合わせて読みたい

カーリースのデメリットについては『カーリースはやめたほうがいい?損?デメリットと注意点を徹底解説』をご覧ください。

「カーリース」月額料金の内訳

カーリースの基本料金に共通して含まれるもの

カーリースの基本料金に含まれるものは、各リース会社によって異なりますが以下の内容はほとんどのリース商品に共通します。

「車両代」「登録諸費用」「自動車税」「自動車重量税」「環境性能割」「自賠責保険」

車両代に各種税金と自賠責保険。これらは多くのリース商品で共通して含まれています。

カーリースの基本料金にプラスαで含まれるもの

リース商品によっては以下の内容がプラスされる場合があります。

「車検」「任意保険」「法定点検」「安心6ヶ月点検」「オイル交換」「オイルエレメント交換」「タイヤ交換」「代車無料」など

リース商品の特色はこの“プラスαで含まれるもの”によって特徴がわかれます。

ご自身の使い方にあったリース内容かどうかをよく確認しましょう。

カーリースには含まれないもの

カーリースに含まれていないものは以下の通りです。

「ガソリン等の燃料代」「駐車料金」

ガソリンなどの燃料代や駐車料金はカーリースに含まれません。

カーリースで乗れる人気車種と月額料金の相場(2021年8月現在)

人気車種と料金相場①N BOX

定額カルモくん 11年リース 月額17,320円〜

オリックスカーリース 9年リース 月額21,010円〜

人気車種と料金相場②ミライース

定額カルモくん 11年リース 月額11,220円〜

オリックスカーリース 9年リース 月額13,750円〜

人気車種と料金相場③ハスラー

定額カルモくん 11年リース 月額15,890円〜

オリックスカーリース 9年リース 月額19,030円〜

※2021年8月現在の料金を掲載しています。最新の取り扱い車種と料金は各公式サイトからご確認ください。

 

契約終了後にクルマを自分のものにしたい人にオススメのカーリースは?

無料クーポン

オリックスカーリースの無料クーポン

クルマに乗っていくうちに愛着が湧き、欲しくなってしまうことがあるかもしれません。

そんな方にオススメなのがオリックスカーリースです。オリックスカーリースは契約終了後にクルマが自分のものになります。

オリックスカーリースなら有料オプションなしでも車が自分のものに

定額カルモくんの契約では月額500円の有料オプションに加入することでクルマを自分のものにすることができますが、オリックスカーリースではオプションなしでもクルマが自分のものになります。

オリックスカーリースなら車検、オイル交換、オイルエレメント交換は無料

定額カルモくんの契約ではメンテナンスは有料のメンテナンスプランへの加入が必要ですが、オリックスカーリースなら車検、オイル交換、オイルエレメント交換が無料クーポンで対応できるので必要最低限のメンテナンスでじゅうぶんという方にはとってもオススメです!

見積もりは無料・国産全車種対応です。

オリックスカーリースについて詳しく解説している記事は『オリックスカーリースの口コミや評判|解約するための方法まで徹底解説』をご覧ください。

自分にはカーリースが向いているのかしっかり見極めよう

カーリースの商品の特徴は、それぞれ異なります。

あなた自身のクルマの乗り方と商品の特徴があなたに向いているのかをしっかり見極めましょう。

なお、カーリースを選ぶポイントおすすめのカーリースランキングについては『カーリースのおすすめランキング10選|専門家が人気カーリースを厳選紹介』をご覧ください。

  • この記事を書いた人

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 サラマンカ大学に留学後、ディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 趣味は料理とフルイドアート、天の川撮影です。次にチャレンジしてみたいことは、イルカと泳ぐこと、鯨の親子を撮影することです。

Copyright© カーリースの教室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.