車のサブスク 車種情報

マツダMX-30は車のサブスクがお得!カーリースのプロおすすめのサービスTOP3

フクロウ君の疑問

『マツダMX-30の新車サブスクはある?』

『カーリースはカーローンよりもお得って本当?』

『車のサブスク(カーリース)のメリット・デメリットを知りたい』

マツダ「MX-30」はコンパクトタイプのSUVとして人気があります。車のサブスク(カーリース)で乗りたいと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カーリースは頭金・初期費用が不要です。また月額料金は毎月定額と、大きなメリットがあります。しかしマツダMX-30を車のサブスク(カーリース)で乗る場合、料金やメリット・デメリットが気になりますよね。

ミーア先生
マツダMX-30を検討している方は、車のサブスク(カーリース)がおすすめです。今回はカーリースのプロであるボクが、マツダMX-30を車のサブスクで利用するしくみやメリットを徹底解説していきます。

マツダMX-30におすすめな車のサブスク3社

まずはマツダMX-30のサブスクにおすすめなカーリース会社をご紹介します。カーリースのプロであるボクから見ておすすめなサブスクは次の3社です。

1位 オリックスカーリース

大手オリックスグループが100%出資する「オリックス自動車株式会社」が運営しているカーリースです。オリックス自動車は1973年に設立され、カーリースやレンタカー・カーシェア・中古車販売・売却サポートなどの幅広い事業を展開しています。

リース業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)でも、堂々の1位を獲得するほどの実力があります。

オリックスカーリースの主な特徴は、車検・オイル交換・オイルエレメント交換の無料クーポンが付いてくるところです。しかも契約期間中の回数分もらえるので、カーリースの期間中ずっと維持費がお得になります。

また、契約満了の2年前からは途中解約(中途解約)をしても違約金がかかりません。しかも乗り換えや車の返却も自由。

カーリースの長期契約は就職や結婚といった生活の変化が予想されますが、オリックスカーリースならフレキシブルな乗り方ができます。

オリックスカーリースのサービス内容【MX-30】

月額料金 35,310円
プラン名・契約期間 いまのりセブン(7年)

いまのりナイン(9年)

いまのりイレブン(11年)

車種ラインナップ 国産車全車種・カラー・グレードから選択可能
メンテナンスプラン 車検・オイル交換・オイルエレメント交換が無料になるクーポン付き
契約満了時の車の選択肢 ・車を返却

・車をもらう

契約方式 オープンエンド方式 残価0円
月間走行距離制限 2,000km(車をもらう場合は不要)
任意保険 別途契約が必要
残価精算 なし

オリックス公式サイトはコチラ

※オンライン審査無料!※

2位 定額カルモくん

定額カルモくんは、オリックス自動車が提携する「ナイル株式会社」が運営しています。定額カルモくんが扱う新車は、全てオリックス自動車が扱う正規ディーラー車両です。

定額カルモくんの大きな特徴は、契約期間を1年から11年の間で1年ごとに決められるという点です。契約期間がある程度決められているカーリースでは珍しく、自分の都合に合わせて無駄のない契約ができます。

契約満了時に車をもらいたい場合は、月額500円の「もらえるオプション」に加入することでもらえます。一般的なカーリースで車をもらうには、高額な買い取りをすることが多いです。しかし定額カルモくんなら毎月無理のない支払いで車を自分のものにできます。

定額カルモくんのサービス内容【MX-30】

月額料金 33,340円
契約期間 1年~11年(1年ごとに設定可能)
車種ラインナップ 国産車のほぼ全てのカラー・グレードから選択可能
メンテナンスプラン 有料オプション
契約満了時の車の選択肢 ・車を返却

・車をもらう(もらえるオプション加入が条件)

契約方式 クローズドエンド方式
走行距離制限 1,500km(車をもらう場合は不要)
任意保険 別途契約が必要
残価精算 なし

カルモくん公式サイトはコチラ

※オンライン審査無料!※

3位 MOTAカーリース

MOTA(モータ)カーリースは、株式会社MOTA(モータ)が提供する車のサブスクです。株式会社MOTAは車のニュース情報サイト「MOTA」も運営しています。

MOTAカーリースの特徴は、カーリースでは数少ない11年契約があることです。カーリースは総額から契約年数(支払い回数)を分割してリース料金を支払うため、長く契約するほど毎月のリース料金が安くなります。

MOTAカーリースは割と長期の契約が多いので、とにかく安く車に乗りたい人や長期契約を希望する人におすすめ。オリックスカーリースや定額カルモくんといった大手のカーリースと大差ない料金とサービスが充実しています。

MOTAカーリースのサービス内容【MX-30】

月額料金 33,110円
契約期間 5年・7年・11年
車種ラインナップ 国産車のほぼ全てのカラー・グレードから選択可能
メンテナンスプラン 有料オプション
契約満了時の車の選択肢 ・車を返却

・車をもらう(オプション加入が条件)

契約方式 オープンエンド方式 残価0円
走行距離制限 なし
任意保険 別途契約が必要
残価精算 なし

MOTA公式サイトはコチラ

※オンライン審査無料!※

【車のサブスク】マツダMX-30のカーリース料金を比較

比較方法:公式ホームページのオンライン見積もり
契約期間:11年
オプション加入:なし

オリックスカーリース(車検4回付き) 35,310円
定額カルモくん(車検なし) 33,340円
MOTAカーリース(車検なし) 33,110円

おすすめのサブスク3社で見積もりをしたところ、大きな差はありませんでした。ただしオリックスカーリースには、車検とオイル交換・オイルエレメント交換の期間中無料クーポンが付いてきます。料金は一番高いですが、お得度も大きいです。

カーリース会社によって月額料金が違うのはどうして?

カーリースの料金が会社によって異なるのは、月額料金に含まれる内容が違うからです。カーリースの月額料金には、車両価格の他に税金や自賠責保険・登録手数料などの細かい諸経費が含まれています。

カーリースの月額料金に含まれるおもな項目
・車両価格
・自賠責保険
・自動車税(種別税・重量税)
・登録手数料・諸費用
・環境性能割
・納車時の運送費

ほとんどのカーリースで上記の項目が含まれていますが、リース会社によっては任意保険やメンテナンス代・車検代なども含まれていることがあります。月額料金に含まれていない項目はその都度支払いが必要になるので、結果的には大きく変わらないと言えるでしょう。

月額料金は契約期間の長さで変わる

先ほども説明しましたが、カーリースでは契約期間が長いほどリース料金が割安になります。カーリースの月額料金は、総額から支払い回数を割った金額です。

試しにオリックスカーリースでマツダMX-30を借りた場合の月額料金を、契約期間別で見てみましょう。

プラン名 月額料金
いまのりセブン 47,080円
いまのりナイン 38,500円
いまのりイレブン 35,310円

月額料金を安くするためには長期契約がおすすめです。しかしカーリースは基本的に途中解約(中途解約)をすると違約金が発生します。契約をするときは月額料金だけを見ずに、生活の変化も想定してください。

残価設定の有無

カーリースでは残価が設定されている「オープンエンド方式」を採用した商品があります。残価とは契約満了時に想定される下取り価格のことです。

オープンエンド方式はあらかじめ残価を設定しておき、契約満了後に車をもらいたい場合は残価を支払って車を買い取るという方法になります。

オープンエンド方式は残価がある分、毎月のリース料金が安いです。しかし車を買い取る際には残価がある場合は残価を支払わなければなりません。

月額料金が著しく安いカーリースは、オープンエンド方式やボーナス払いを入れている可能性が高いです。

ちなみにボクがおすすめするカーリース3社は、顧客が残価を負担しない「クローズドエンド方式」または「オープンエンド方式の残価0円」をおすすめしています。

合わせて読みたい!

残価設定の仕組みに関する記事は『残クレはやばい?デメリットだらけ?損する人と得する人をプロが徹底解説』をご覧ください。

マツダMX-30は車のサブスク(カーリース)と購入(現金・ローン)どちらがお得?

現金購入とカーリースとでは、カーリースの方が満期まで乗り切った総額で見ると高くつきます。

しかし、カーリースとカーローンとでは含まれる金額が違います。

カーローンは車両価格のみにローンを組んで支払う契約ですが、カーリースは諸経費や税金などの費用も含まれた金額を支払うしくみです。

ただし、途中返却できるカーリースの場合、返却すると残りの支払いが不要なので乗った分のコストを計算すると結果的にカーリースが現金購入より安くなります。

要は利用する人の乗り方や使い方次第で向き不向きがあります。

車を所有する場合に総額で安いのが現金。車を賢くコスパ良く乗れるのがカーリースというわけです。

そもそもカーリースのメリットは「頭金・初期費用不要」「毎月定額」というところ。

総額で見るよりも、どちらの支払い方法が自分に合っているかで考えてみましょう。

合わせて読みたい!

コスパ最強のサービスについての詳細は『カーリース(車のサブスク)コスパ最強のサービス5選!安さと内容を徹底比較』をご覧ください。

マツダMX-30を乗るなら車のサブスク(カーリース)がおすすめな理由

車のサブスクは購入する場合と比べ総額で高くつくことがあります。

しかし、車のサブスクにはコミコミ定額にすることで得られるメリットや恩恵があります。

車のサブスクをおすすめする理由をいくつか見ていきましょう。

リース料金が毎月定額

カーリースの月額料金は契約中ずっと変わりません。毎月の支払いが定額だと家計の管理がしやすくなりますし、ボーナス払いなどに慌てることもなくなります。

頭金・初期費用・ボーナス払いが不要

カーローンでは頭金やボーナス払いを求められることが多いですが、カーリースでは頭金とボーナス払いなしで契約できます。

ボーナス払いを設定すると、転職や退職をきっかけに支払いができなくなることも考えられます。まとまった費用がかからないカーリースなら、毎月の支払いも安定するでしょう。

諸費用がリース料金にコミコミ

カーリースでは、車に関する諸費用が月額料金に含まれています。しかも面倒な支払いはリース会社がしてくれるので手間がかかりません。

支払いはリース期間中のみ

カーリースは契約満了と同時に支払いも終了します。長期でカーローンを組むと場合によっては車がないのにローンだけ残ることもありますが、カーリースは支払いだけが残ることはありません。

法人契約なら経費に計上できる

カーリースは法人契約でもメリットがあります。法人では月額料金を全て経費として計上できるため、税金や手数料の計上が不要です。

マツダMX-30で車のサブスク(カーリース)を利用するデメリット

マツダMX-30を車のサブスクで利用する場合にデメリットもあります。利用する前にデメリットの部分も確認しておきましょう。

走行距離制限がある

カーリースには走行距離制限が設けられています。目的は車の価値を統一して月額料金を安くするためです。

走行距離制限は月あたり1,000km~2,000kmと差があり、カーリース会社や契約プランによって異なります。もし契約満了時に走行距離をオーバーしていた場合、原状回復費用を支払うことがあるので注意が必要です。

途中解約(中途解約)ができない

カーリースでは、一度契約すると契約満了までは変更や解約ができません。もしどうしても途中解約をする場合は、違約金を支払うことになります。

カーリースで契約をする前には、利用する期間や契約内容・車種・月額料金で本当に支払いを続けられるかを考えてみましょう。

原状回復費用がかかることがある

リース車両に大きなキズや凹み・汚れなどがある場合は、原状回復の費用を求められることがあります。また契約中にカスタマイズをした場合も、返却時に原状回復をしなければなりません。

ただし原状回復費用は車をもらう場合は必要ありません。原状回復の有無は、契約満了時に車の返却を選択した場合に査定されます。

残価精算が必要なことがある

オープンエンド方式で残価に金額がつく仕組みを取り入れているカーリースの場合は、車を買い取る際にあらかじめ決められた残価を支払うことになります。

その場合、月額料金は安いですが、まとまった費用が必要になるので注意しましょう。

今回ご紹介したオリックスカーリースと定額カルモくん・MOTAカーリースはオープンエンド残価0円またはクローズドエンド方式のため、残価精算はありません。

マツダMX-30をカーリースできる3社を比較

オリックスカーリース 定額カルモくん MOTAカーリース
月額料金 35,310円 33,340円 33,110円
契約期間 いまのりセブン(7年)

いまのりナイン(9年)

いまのりイレブン(11年)

1年~11年(1年ごとに設定可能) 5年・7年・11年
メンテナンスプラン オプション オプション オプション
契約満了時の車の選択肢 ・車を返却

・車をもらう

・車を返却

・車をもらう(もらえるオプション加入が条件)

・車を返却

・車をもらう(オプション加入が条件)

契約方式 オープンエンド残価0円 クローズドエンド オープンエンド残価0円
走行距離制限 2,000km(車をもらう場合は不要) 1,500km(車をもらう場合は不要) なし
任意保険 別途契約 別途契約 別途契約
残価精算 なし なし なし

マツダMX-30は本当に自分に合っている?MX-30の魅力をご紹介

マツダのMX-30は、「自分だけの扉を開こう」をコンセプトに作られた、コンパクトタイプのSUVです。レジャーや街乗り・ファミリーまでさまざまな世代に合わせた乗り方ができます。

センターオープン型ドアが「キッズデザイン協議会会長賞」を受賞

これまでのSUVの常識をくつがえしたのが、観音開きタイプの「センターオープン型ドア」です。子ども連れや妊婦さんの乗降に配慮して、広い乗降口で作られています。

画期的なアイデアは、第15回キッズデザイン賞で奨励賞「キッズデザイン協議会会長賞」を受賞しました。

車は結婚や出産などのライフスタイルの変化に応じて、乗り換えを余儀なくされることがあります。しかしマツダMX-30なら、ライフスタイルが変化しても長く乗り続けられます。

車内は落ち着いた空間を演出

シンプルかつ高級感のある車内は、落ち着きのあるモノトーンを中心にコーディネートされています。

また後部座席には、外の景色が見えるリアドアガラスとクォーターウインドーを設置。さらにソファのようなラウンドデザインのシートを採用し、包み込まれるような乗り心地にこだわっています。

マツダMX-30の燃費

カタログ燃費(km/L)
2WD 15.6
4WD 15.1

マツダMX-30の燃費は1Lあたり15km程度という結果になりました。実燃費はこれより少し減り、1Lあたり12~14kmくらいが想定されます。

マツダMX-30はライフスタイルの変化にも対応。カーリースにおすすめ

マツダMX-30はセンターオープン型ドアや飽きの来ないデザインなど、ライフスタイルの変化にも対応した車です。これから就職や結婚・出産が予想される若い人から子どもの自立が予想される方まで、長く乗るのに適しています。

こだわりの内装や後部座席は、家族や友人も快適に乗ることができます。マツダMX-30は乗る人を選ばない車だということが分かりますね。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。 YouTubeで動画解説も始めました↓