日産のサブスクNISSAN ClickMobi(クリックモビ)を徹底解説!料金や車種は?

更新日:

フクロウ君
日産で始めたサブスクリプションサービスはどんなサービスなの?月額料金や車種は?
ミーア先生
OKフクロウくん!今回は日産のサブスク「クリックモビ」についての解説と自動車メーカー各社のサブスクサービスとの比較もみていこうか!

この記事を書いているボクは、海風そよぐ小さな街でクルマ屋を営んでいて各社のカーリースの販売もしていてます。

ボク自身もカーリースを利用しているので、これからカーリースのような車のサブスクリプションサービスを利用したいと考えている方に向けて、今回はトヨタ、ホンダに続き始まった日産の月額定額サービスについて解説していきます。

 

「NISSAN ClickMobi(クリックモビ)」サービスの枠組み

日産のサブスク「クリックモビ」を徹底解説

なぜ今カーリースやクルマのサブスクが人気なのか?

国内自動車メーカーによるクルマの月額定額サービス、いわゆるサブスクリプション(サブスク)サービスがトヨタ、ホンダに続き日産からも発表されました。面倒なクルマにかかる維持費が月額定額で利用できることによる「家計管理の見える化」が特に好評です。クルマに関する支払いが月額定額でやりくりできるので急な出費の心配を減らすことができるからです。また「来店不要でスマホやネットで審査や契約が出来る」気軽さも来店する時間が取れない忙しい方などにも人気な理由です。

NISSAN ClickMobi(クリックモビ)の概要は?

クリックモビは月額料金に車検などのメンテナンスや税金などの諸費用、自賠責保険料がコミコミとなっている残価設定型カーリースです。

諸費用には登録時にかかる登録諸費用を始め、リース期間中の自動車税・軽自動車税・重量税・環境性能割や車検・6ヶ月点検・12ヶ月点検・オイル交換・オイルエレメント交換のメンテナンス費用も含まれます。メンテナンス等の各種アフターサービスは日産正規ディーラーで対応してもらうことができるので安心です。

期間は3年契約、5年契約、7年契約の3パターンで、契約満了時に「解約」か「再リース」を選択できます。5年以上のリース契約では契約満了時にそのクルマを「買取り」することも可能です。契約期間が長期になればなるほど月額料金を抑えることができます。

審査や契約手続きはオンラインと郵送で完結出来ます。さらにユーザーの自宅まで納車してもらうことも可能です。

2020年3月現在の対象地域は北海道札幌地区、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県に限定されていますが順次拡大する予定です。

 

NISSAN ClickMobi(クリックモビ)の車種・月額料金は?

クリックモビの料金・車種は?

車種は?

クリックモビの選択可能な車種について2020年3月現在では、デイズ、ノート、セレナの主要3系統の5車種限定となっています。

詳しいカーラインナップ、対象地域については公式サイトをご確認ください。

月額料金は?

クリックモビの月額料金は契約期間と想定走行距離数、その他オプションによって異なります。

契約期間が長ければ長いほど月額料金は抑えることが可能です。また想定走行距離数を月間1500Km, 月間1,000Kmから選択でき短い距離数の方が残価設定金額を高く設定できるので月額料金を抑えることが可能です。

たとえば、ノートeパワーメダリストを7年契約・月間走行距離数を1,000Kmで設定した場合、月額39,600円(税込)

5年契約・月間走行距離数を1,000Kmで設定した場合は、月額44,330円(税込)

3年契約・月間走行距離数を1,000Kmで設定した場合は、月額54,890円(税込)となります。

※:2020年3月現在の見積もり料金を掲載。

 

自動車メーカー各社のサブスクリプションサービスとの比較

車種 期間 月額料金
日産「クリックモビ」 デイズ、ノート、セレナなど 3年、5年、7年 54,890円(ノートeパワーメダリスト)
※3年契約、頭金、ボーナス払いなし
トヨタ「キントワン」 ライズ、プリウスなどレクサス車も含め28車種 3年 47,300円
(ヤリスハイブリッドX2WD)
ホンダ「マンスリーオーナー」(中古車) N-BOX、フリードなど4車種 1ヶ月~11ヶ月 49,800円(フィットハイブリッド)
※2017年式以降

※2020年3月現在の取扱い車種・見積り料金を掲載しています。

トヨタ「KINTO ONE(キントワン)」との比較

トヨタ「キントワン」と比較すると、契約期間がトヨタでは3年モノしか設定がないのでどうしても月額料金が高額になります。対して、日産の「クリックモビ」は7年契約も選択できるうえに軽自動車までもラインナップされているので自動車メーカー系のサブスクで月額料金を抑えて利用したい方にとっては嬉しいサービスです。「契約期間」と「軽自動車が選べること」、この2点がトヨタ「キントワン」とは大きく異なります。

トヨタの定額制「KINTO」に関する詳しい解説は『悪い評判は?KINTO(キント)のデメリット3つとメリット7つを解説!』をご覧ください。

ホンダ「Honda Monthly Owner(マンスリーオーナー)」との比較

ホンダ「マンスリーオーナー」と比較すると、ホンダのサブスク「マンスリーオーナー」は月単位での契約のためトヨタや日産とはクルマの使用用途が異なります。「マンスリーオーナー」は赴任先での期間が短期的に限定された中での使用などが想定されますが、日産「クリックモビ」は3年、5年、7年と日常使いのクルマとしてリースします。そのため「マンスリーオーナー」は中古車しか選べませんが「クリックモビ」で選べる車種はすべて新車となっています。

マンスリーオーナとの比較では「使用用途」、「新車と中古車の違い」という点が大きく異なります。

ホンダ「マンスリーオーナー」についての詳しい解説は『車のサブスク対決「ホンダマンスリーオーナー」と「 トヨタKINTO(キント)」を徹底比較!』をご覧ください。

 

これまでの販売と大きく異なるのは新車を「スマホで契約できる」ところ

これまでの販売と大きく異なるのは新車を「スマホで契約できる」ところ

これまでの販売は各県にあるディーラーからクルマを購入していましたので登録をディーラーが行ってきました。クリックモビの場合はメーカーと契約するリース会社(日産フィナンシャルサービス)とリース契約を結びます。つまり、ディーラーを通さずに契約を結ぶことになりますので全国どこからでも契約ができます。ディーラーはその後車両のメンテナンス等のアフターサービスを行います。

スマホからネットで契約できることにより、忙しくて時間がない人でもネットだけで審査や契約を申し込むことが出来るようになりました。そして納車も自宅までしてもらえるとあるので、「スマホで新車が買える時代」がついに到来したことになります。しかも国内自動車メーカーがつぎつぎと月額定額サービスに乗り出してきています。

さきほど、ディーラーを通さずに新車の契約をすることができるとさらっと書きましたが、これがどれだけの大変革かは自動車業界に身を置くものであれば理解できると思います。

なお、サブスクリプションとカーリースの違いについて解説は『【車の定額制】サブスクリプションとは?カーリースとの違い』をご覧ください。

インターネットで審査・申し込みが完結できるリースの比較については『インターネットで審査・申し込みが完結できるカーリース【徹底比較】』も合わせてご覧ください。

  • この記事を書いた人

コンドウ シュウヘイ

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 元ディーラー営業マン。 オリックスカーリース「いまのりセブン」販売台数県内第1位。 カーリース販売歴9年。利用歴6年。 趣味はキャンプと料理と温泉。 稼いだお金はとどこおりなく妻に献上しているマン。

Copyright© カーリースの教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.