日産のサブスクNISSAN ClickMobi(クリックモビ)を徹底解説!料金や車種は?

フクロウ君の疑問
日産で始めたサブスクリプションサービスはどんなサービスなの?月額料金や車種は?
ミーア先生
OKフクロウくん!今回は日産のサブスク「クリックモビ」についての解説と自動車メーカー各社のサブスクサービスとの比較もみていこうか!

この記事を書いているボクは、海風そよぐ小さな街でクルマ屋を営んでいて各社のカーリースの販売もしていてます。

これからカーリースのような車のサブスクリプションサービスを利用したいと考えている方に向けて、今回はトヨタ、ホンダに続き始まった日産の月額定額サービスについて解説していきます。

「NISSAN ClickMobi(クリックモビ)」サービスの枠組み

日産のサブスク「クリックモビ」を徹底解説

なぜ今カーリースやクルマのサブスクが人気なのか?

国内自動車メーカーによるクルマの月額定額サービス、いわゆるサブスクリプション(サブスク)サービスがトヨタ、ホンダに続き日産からも発表されました。

面倒なクルマにかかる維持費が月額定額で利用できることによる「家計管理の見える化」が特に好評です。クルマに関する支払いが月額定額でやりくりできるので急な出費の心配を減らすことができるからです。

また「来店不要でスマホやネットで審査や契約が出来る」気軽さも来店する時間が取れない忙しい方などにも人気な理由です。

日産の車のサブスク「クリックモビ」とは

そもそも日産のクリックモビとは、どんなサービスなのでしょうか?

簡単にいうと「カーリース」です。毎月定額のリース料金を支払って、日産の新車に乗ることができます。

クリックモビは月額料金に車検などのメンテナンスや税金などの諸費用、自賠責保険料がコミコミとなっている残価設定型カーリースです。

諸費用には登録時にかかる登録諸費用を始め、リース期間中の自動車税・軽自動車税・重量税・環境性能割や車検・6ヶ月点検・12ヶ月点検・オイル交換・オイルエレメント交換のメンテナンス費用も含まれます。メンテナンス等の各種アフターサービスは日産正規ディーラーで対応してもらうことができるので安心です。

期間は3年契約、5年契約、7年契約の3パターンで、契約満了時に「解約」か「再リース」を選択できます。5年以上のリース契約では契約満了時にそのクルマを「買取り」することも可能です。

契約期間が長期になればなるほど月額料金を抑えることができます。

審査や契約手続きはオンラインと郵送で完結出来ます。さらにユーザーの自宅まで納車してもらうことも可能です。

お得なオプション内容

クリックモビはオプション内容がとてもお得で分かりやすいです。「車のことはよく分からない」という人にも安心な内容となっています。

クリックモビの車に標準で付いてくる装備は車種によって変わります。例えば、デイズを選んだときに付いてくるオプション装備は以下のとおりです。

・ステアリングスイッチ+日産オリジナルナビ取付パッケージ
・日産オリジナルナビゲーション
・ETCユニット
・バックビューモニター
・フロアカーペット スタンダード

これらの装備が全て追加料金なしで付いてきます。ナビやETCが標準で付いているので、遠出や旅行にも安心ですね。これほど充実したオプション内容は、かなりお得です!

スマホで簡単に申し込みできる

クリックモビはスマートフォン1つで申し込みが完了します。自宅用はもちろん、遠方に住む家族のために申し込むことも可能です。

またディーラーに出向く必要もないため、値下げ交渉も不要です。カーリースは全国どこでも同じ料金で借りられるため、購入のように販売店ごとに車両価格が変わることがありません。

日産の正規ディーラーのメンテナンス

クリックモビは、日産の正規ディーラーで車検やメンテナンスが受けられます。通常のカーリースではリース会社が指定するお店でメンテナンスを受けるのが一般的です。

信頼できる正規ディーラーで修理を受けられるので、契約満了まで安心して車に乗り続けられます。

NISSAN ClickMobi(クリックモビ)の車種・月額料金は?

クリックモビの料金・車種は?

車種は?

日産のクリックモビでは、2022年2月現在で以下4種類のラインナップがあります。

・デイズ(軽自動車)
・ルークス(軽自動車)
・X-TRAIL
・セレナ

トヨタのKINTOはトヨタ車の全車種から選べるため、クリックモビのラインナップは少なく感じられるかもしれません。しかしどれも人気が高い車種です。

「どの車を選んだらいいのか分からない」という人でも選びやすくなっています。

またトヨタKINTOでは選べない軽自動車が日産クリックモビでは選べます。

詳しいカーラインナップ、対象地域については公式サイトをご確認ください。

月額料金は?

クリックモビで乗れる4種類の車の月額料金を、公式サイトでシミュレーションしてみました。

契約内容:エントリープラン、7年契約、ボーナス払いなし、走行距離 1,500km/月

車種 月額料金 満了後買取金額(残価)
デイズ 24,640円 234,300円
ルークス 25,630円 279,400円
X-TRAIL 39,820円 588,500円
セレナ 43,670円 429,000円

クリックモビの月額料金は契約期間と想定走行距離数、その他オプションによって異なります。

契約期間が長ければ長いほど月額料金は抑えることが可能です。また想定走行距離数を月間1500Km, 月間1,000Kmから選択でき短い距離数の方が残価設定金額を高く設定できるので月額料金を抑えることが可能です。

ボーナス払いを無しにしても、月々2万円代から車に乗れます。大人気のセレナでも4万円代です。

もし車に愛着がわいたら再リースや買い取りを選択すれば、長く乗り続けられます。まとまったお金が用意できない人でも、無理なく車に乗れるのがクリックモビの特徴です。

日産「クリックモビ」のメリットとデメリット

クリックモビのメリット・デメリット

クリックモビには、5つのメリットと3つのデメリットがあります。メリットはもちろんですが、デメリットも知ってよく理解した上で利用しましょう。

クリックモビの5つのメリット

・日産の新車に乗れる
・自宅に納車してくれる
・定額なので支払い管理が楽
・頭金が不要
・車の維持費がコミコミ
・車を買い取ることができる(5年以上の契約で)

クリックモビの3つのデメリット

・走行距離の制限がある
・契約中に乗りかえができない
・途中解約ができない

クリックモビのデメリットの中で特に注意が必要なのが、解約や乗りかえができないことです。

トヨタのKINTOなら途中解約OKな「解約金フリープラン」や、ライフステージに合わせて乗りかえられる「のりかえGO」があります。もし乗りかえや途中解約が心配な場合は、トヨタのKINTOも検討してみましょう。

自動車メーカー各社のサブスクリプションサービスとの比較

車種 期間 月額料金
日産「クリックモビ」 デイズ、ノート、セレナなど 3年、5年、7年 54,890円(ノートeパワーメダリスト)
※3年契約、頭金、ボーナス払いなし
トヨタ「KINTO」 ライズ、プリウスなどレクサス車も含め28車種 3年、5年、7年 47,300円
(ヤリスハイブリッドX2WD)
ホンダ「マンスリーオーナー」(中古車) N-BOX、フリードなど4車種 1ヶ月~11ヶ月 49,800円(フィットハイブリッド)
※2017年式以降

※2020年3月現在の取扱い車種・見積り料金を掲載しています。

ホンダ「Honda Monthly Owner(マンスリーオーナー)」との比較

ホンダ「マンスリーオーナー」と比較すると、ホンダのサブスク「マンスリーオーナー」は月単位での契約のためトヨタや日産のサブスクとはクルマの使用用途が異なります。

「マンスリーオーナー」は赴任先での期間が短期的に限定された中での使用などが想定されますが、日産「クリックモビ」は3年、5年、7年と日常使いのクルマとしてリースします。

また「マンスリーオーナー」は中古車しか選べませんが「クリックモビ」で選べる車種はすべて新車となっています。

マンスリーオーナとの比較では「使用用途」、「新車と中古車の違い」という点が大きく異なります。

ホンダ「マンスリーオーナー」についての詳しい解説は『車のサブスク対決「ホンダマンスリーオーナー」と「 トヨタKINTO(キント)」を徹底比較!』をご覧ください。

【NEW】ホンダの新車サブスク「楽まる」については『ホンダの新車サブスク「楽まる」はおすすめ?プロがメリット・デメリット・評価を紹介』をご覧ください。

トヨタ「KINTO」との比較

トヨタ「KINTO」と比較すると、まずKINTOには任意保険が組み込まれています。

日産クリックモビには含まれない任意保険がKINTOには月額料金の支払いをすることで任意保険まで全てコミコミになっています。

またトヨタKINTOには軽自動車の取り扱いがありませんが、日産クリックモビで軽自動車が選べます。

「任意保険が含まれるか含まれないか」「軽自動車が選べるか選べないか」、この2点がトヨタ「KINTO」とは大きく異なります。

車のサブスクで人気のトヨタ「KINTO」との比較の詳細をつづけてみていきます。

トヨタの定額制「KINTO」に関する詳しい解説は『悪い評判は?KINTO(キント)のデメリット3つとメリット7つを解説!』をご覧ください。

日産クリックモビとトヨタのサブスク「KINTO(キント)」との違いは?どちらがおすすめ?

kintoとクリックモビの比較

日産の「ClickMobi(クリックモビ)」は、日産自動車が提供する「車のサブスク」です。大手ディーラーのサブスクを検討している人なら、特に人気のトヨタ「KINTO(キント)」も気になるのではないでしょうか。日産とトヨタ・大手2社の車のサブスクはどう違うのかかを詳しく解説していきます。

日産サブスクとトヨタKINTOの違い

日産のクリックモビとトヨタのKINTOとでは、それぞれが独自のサービス内容で提供しています。今回は異なる部分を表にしてみました。特に大切な点はこの後解説していきます。

クリックモビ KINTO
任意保険の有無 -
残価の設定方法 オープンエンド方式

契約期間後は車の再リース・買い取り・返却から選べる

※買い取りは5年、7年契約のみ

クローズドエンド方式

※車の返却が必須

走行距離数 1,000km/月 または

1,500km/月 から選べる

1,500km/月

(3年プラン 54,000kmまで)

(5年プラン 90,000kmまで)

(7年プラン 126,000kmまで)

軽自動車 -
対象地域数 北海道・新潟・山梨・長野

・富山・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・岐阜・三重・静岡・愛知・滋賀・京都・大阪・兵庫・岡山・鳥取・島根・山口・高知・福岡・佐賀・長崎・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

全国

任意保険の有無

トヨタのKINTOの月額料金には、任意保険が含まれています。通常なら任意保険は別途契約が必要ですが、トヨタのKINTOは任意保険料もコミコミです。クリックモビの場合は月額料金に任意保険が含まれていないため、別途契約が必要です。

残価の設定方法

【残価設定とは】

残価設定とは、契約満了時の車両予想価格「残価」を残して車両本体価格から残価分を差し引いた金額でローンやリースを組める商品のことです。例えば車両価格が250万円の車をリースしたとしましょう。そして期間中の支払い金額を200万円として契約して、残り50万円が残っている状態になります。この50万円が「残価」です。残価を設定することで、契約期間中の月額料金が安くなるというメリットがあります。

日産のクリックモビの「オープンエンド」とは、残価の金額を顧客にオープンにしている方式のことです。残価をオープンにすることで、契約満了時に再リースや買い取りの選択ができるようになります。車の価値が下がると残価清算が必要な場合があるので、乗り方には注意しましょう。ただし、クリックモビでは基本的に残価清算は不要なので、安心して乗ることができます。

一方でKINTOは「クローズドエンド」です。クローズドエンドでは顧客に残価が公表されませんが、「車の価値が落ちても残価清算が不要」というメリットがあります。しかし車の返却が必須で、買い取りや再リースはできません。

どちらのディーラーも残価設定タイプのカーリースですが、残価設定の開示の有無が異なります。日産のクリックモビはオープンエンド方式にも関わらず、残価清算は必要ありません。

オープンエンド方式で残価まで保障されているタイプは、顧客にとって大きなメリットだと言えます。

その他の違い

日産のクリックモビは、走行距離の選択や軽自動車の選択が可能です。しかし対象地域はKINTOよりも狭く、一部対応していない地域があります。

【料金比較】クリックモビとKINTOの料金はどちらが安い?

車のサブスク比較でまず気になるのは、毎月の料金ではないでしょうか。できるなら安く車に乗れる方を選びたいですよね。

クリックモビとKINTOの公式サイトでは、料金をシミュレーションすることができます。今回は日産のセレナとトヨタのヴォクシーで比較してみました。

車種 月額料金
日産 クリックモビ セレナ ハイウェイスターV(2WD) 43,670円
トヨタ KINTO ヴォクシー S-G GAS 2.0L 2WD(7人) 50,160円

シミュレーションした結果、日産のクリックモビが月あたり6,500円くらい安いことが分かりました。しかし日産のクリックモビは、月額料金に任意保険が含まれていません。別途任意保険料を支払うことになるので、月額料金は任意保険料の分だけ高くなります。

日産のクリックモビがおすすめな人

日産のクリックモビは最終的に車を所有したい人や、任意保険の等級が高い人におすすめです。

任意保険の等級が高い人は、クリックモビの方が割安になることがあります。KINTOは任意保険料がコミコミですが、保険料が安い人には割高になってしまうからです。

クリックモビは任意保険の等級が引き継げるため、等級の恩恵が高い人はそのまま利用できるため安心です。

またクリックモビでは、契約満了後に「買取り」「再リース」「返却」の3つの選択肢から選べます。

車を所有したい人や長く乗りたい人は「買取り」や「再リース」が可能です。もちろん返却もできるので、最終的にどうするかをゆっくりと検討できます。

トヨタのKINTOがおすすめな人

トヨタのKINTOがおすすめな人は、家族で車を共有したい人や、任意保険の等級が低い人です。

任意保険の等級が低い人は、保険料がコミコミのKINTOが向いています。KINTOの任意保険は、家族や友人と車を共有してもOKです!同様の任意保険に別途加入するよりも手軽でお得な内容となっています。

さらに「もう1台増やしたいけれど余裕がない」と悩んでいる人にも、トヨタのKINTOがおすすめです。

\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

※全車、任意保険がコミコミです※

 

これまでの販売と大きく異なるのは新車を「スマホで契約できる」ところ

これまでの販売と大きく異なるのは新車を「スマホで契約できる」ところ

車のサブスクでついに「スマホで契約」ができるようになりました。

これまでの販売は各県にあるディーラーからクルマを購入していましたので登録をディーラーが行ってきました。クリックモビの場合はメーカーと契約するリース会社(日産フィナンシャルサービス)とリース契約を結びます。つまり、ディーラーを通さずに契約を結ぶことになりますので全国どこからでも契約ができます。ディーラーはその後車両のメンテナンス等のアフターサービスを行います。

スマホからネットで契約できることにより、忙しくて時間がない人でもネットだけで審査や契約を申し込むことが出来るようになりました。そして納車も自宅までしてもらえるとあるので、「スマホで新車が買える時代」がついに到来したことになります。しかも国内自動車メーカーがつぎつぎと月額定額サービスに乗り出してきています。

さきほど、ディーラーを通さずに新車の契約をすることができるとさらっと書きましたが、これがどれだけの大変革かは自動車業界に身を置くものであれば理解できると思います。

なお、サブスクリプションとカーリースの違いについて解説は『【車の定額制】サブスクリプションとは?カーリースとの違い』をご覧ください。

インターネットで審査・申し込みが完結できるリースの比較については『インターネットで審査・申し込みが完結できるカーリース【徹底比較】』も合わせてご覧ください。

よくある質問

KINTOで日産の車に乗れる?

現状乗ることはできません。

KINTOは現在トヨタ車しか選べませんが、将来的に他メーカーの車も乗れるように拡大予定とアナウンスされています。

残価設定とは?リースとは何が違うの?

残価設定とは、残価をさっ引いた金額でローンやリースを組む仕組みのことです。

カーリースにも残価設定商品はあります。しかし車の維持費がコミコミなので、急な出費の心配がいりません。残価設定ローンには維持費が含まれていないため、別途支払いが必要です。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。