【満員電車を回避したい人】カーリースでのマイカー通勤をおすすめする5つの理由

フクロウ君の疑問
満員電車で通勤するのを避けたいんだけどなにかいい方法はないかな?
ミーア先生
OKフクロウくん!満員電車が嫌ならマイカーリースをおすすめするよ!

2020年4月現在、ウイルス拡散防止の観点から満員電車を回避するために電車通勤からマイカー通勤に変更する方たちが続出しています。通勤で利用するクルマなので、見た目にはこだわらず低価格低燃費な軽自動車などのコンパクトなクルマをリースして利用する方が多いようです。

またリース会社関係者のお話では、利用者増加の割合をみると駐車場代が高い東京都よりも地方の方の利用者の増加が目立つそうです。

それではマイカー通勤にマイカーリースが人気な理由をカーリース販売歴8年のボクが解説していきます。

マイカー通勤にマイカーリースがおすすめな5つの理由を解説

マイカー通勤にマイカーリースがおすすめな理由

ボクがマイカー通勤にマイカーリースをおすすめする理由は以下の通りです。

1. メンテ代・税金・保険料など車にかかる諸経費がすべてコミコミだから管理が楽ちん!

マイカーリースとマイカーローンの最大の違いは、税金や自賠責保険料などが月額に組み込めることです。

つまり、メンテナンスも税金も自賠責保険料も全てをコミコミにして月額定額で乗れるので、クルマにかかる維持費が見える化するので家計の管理やクルマの管理が楽ちんになります。

2. 月額1万円台で燃費抜群の新車が利用できる!

新車オンライン見積もり1

例えば、ダイハツ ミライースL SA3, 2WDを最王手リース企業オリックス自動車のオリックスカーリースでリース料を見積もりしてみると、

2年たったら乗換え・返却が自由「いまのりくん」の場合、20,900円(税込)

5年たったら乗換え・返却が自由「いまのりセブン」の場合、17,380円(税込)

7年たったら乗換え・返却が自由「いまのりナイン」の場合、14,520円(税込)

といった感じです。いまのりセブン、いまのりナインでは1万円台でクルマにかかる費用がコミコミで新車に乗ることが可能で、さらにカーリースの場合は頭金が必要ないので乗り出しに多くの資金を準備しなくて済むというメリットもあります。

3. レンタカーやカーシェアリングと違いマイカーのように気軽に乗れる

レンタカーやカーシェアリングの場合、1日単位で返却しなければいけないのでいちいち借りだしたり返したりしなければいけません。

それに比べカーリースの場合は長期的に年単位でリースできるのでマイカーのように扱いながら乗ることが可能です。

ナンバーも「わ」ナンバーではなく一般的なナンバーで利用できますし、希望ナンバーにすることも可能です。

4. もしも使用しなくなった場合は返却できる(一定期間経過後)

もしも、「3年後にクルマを返したい」「5年後にクルマを変えたい」という方でもカーリースなら返却や乗換えが可能です。

ただしカーリース商品によって返却できる年数が違いますので、自分が何年ほどそのクルマを利用する予定なのかを考えてから商品を選ぶと良いです。5年ほどクルマは変えないつもりだという方はオリックスカーリースでいえば「いまのりセブン」が向きます。

5. 愛着が湧いてしまったら最後は自分のものにできる場合も

リース契約満了時まで乗り続けた場合、残価を設定していないカーリースの場合、そのままクルマをもらうことが可能です。

愛着が湧いて自分のものにしたい!といった場合も考えられそうな人は残価設定ではないカーリース商品を選ぶと良いでしょう。

オリックスカーリースでいうと「いまのりセブン」「いまのりナイン」が残価設定なしの商品です。

特におすすめのカーリース・サブスク3選

特におすすめのカーリース

1. 信頼のリース最大手企業「オリックスカーリース」

2年以上5年以内の間で返却可能な「いまのりくん」5年以上7年以内の間で返却可能な「いまのりセブン」7年以上9年以内の間で返却可能な「いまのりナイン」が主に人気です。

「いまのりセブン」と「いまのりナイン」は残価が設定されていないので、契約満了時にそのままクルマは自分のものになります。

選べる車種は軽自動車を含む国産メーカー全車種です。

2. 3年契約でトヨタ車に乗るならトヨタが始めたサブスク「KINTO」

3年で返却予定の方でトヨタ車(普通車)に乗りたいのであればトヨタの「KINTO」がおすすめです。

KINTOなら任意保険料までコミコミとなっていますので、特に保険料が高い若年層におすすめです。また免許返納で解約金0円でリース期間の途中での解約ができますので年齢を理由に新車を諦めていた方にもおすすめです。

選べる車種は現在トヨタ車(車種限定)のみです。

公式サイト:『KINTO

3. 自動車メーカー系サブスクで唯一長期が選べる「日産クイックモビ」

契約期間は3年、5年、7年の3パターン。自動車メーカー系のサブスクでも長期でリースが組めて軽自動車を選ぶことができます。その分、月額リース料はKINTOに比べて安くすることができます。

選べる車種は現在、日産車(車種限定)のみです。

【PR】トヨタのサブスクなら、保険もコミで クルマのぜんぶを “おまかせホーダイ”

・「任意保険って結局どこで入ったらいいのかよくわかんない」

・「車検が近いからまとまったお金を用意しておかなくちゃ‥」

・「税金の支払いを忘れないようにしなくちゃ‥」

そのお悩み、「KINTO」ならすべて解決!!

▶︎ KINTO(キント)なら、保険も メンテナンスも 税金も すべてコミコミ!

▶︎ トヨタの月額定額制プラン(車のサブスク)なら  WEBで審査と申込みが完了!

▶︎ クルマのことはすべて トヨタに “おまかせホーダイ”

※ガソリン代・駐車料金は含みません。無料見積もり・オンライン審査は公式ページからお願いします。

公式ページ『クルマのサブスクはKINTO

詳しくはコチラ

【業界初】トヨタのサブスクは保険もメンテナンスも税金もすべてコミコミ!月額定額で わずらわしいコトはすべてトヨタに“おまかせホーダイ”

任意保険って結局どこで入ったらいいのかよくわかんない」「車検が近いからまとまったお金を用意しておかなくちゃ‥」「税金の支払いを忘れちゃいそう‥」

こういった車の維持に係る “わずらわしいコト” 。

車を運転するものなら誰しもが経験したことがありますよね?

そんな方におすすめなのが、トヨタの車サブスクリプション「KINTOです。

トヨタのサブスク「KINTO(キント)」なら、“月額定額”で“車検代も税金もメンテナンスも保険もすべてコミコミ”。

車検や点検・オイル交換などはトヨタ正規ディーラーによってしっかりと管理されるので、車に係る“わずらわしいコト”はすべて トヨタにお任せできて安心です。

※無料見積もり・オンライン審査は公式ページからどうぞ。

公式ページ『クルマのサブスクはKINTO

もっと詳しく

さいごに

【さいごに】

マイカー通勤にはクルマの維持費が付きまといますが、カーリースはその維持費が月額リース料に組み込まれていたり、途中での返却が可能だったり自分のものにできたりと、ライフプランの変化にも対応しやすいです。

所有せずに利用すること、月額定額でお得に乗れること、これらのことが特にマイカーリースが人気になっている理由だと思います。

なお、ボクが特におすすめしているオリックスカーリースについての詳しい解説は『【1番人気】オリックスカーリースをレビュー【初めての方におすすめ】』をぜひご覧ください。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。