個人向けカーリース相場の値段はどれくらい?ローンと比較してみた

個人向けカーリースに関する記事一覧

税金・車検・メンテナンスがコミコミの「個人向けカーリース」ですが、実際に毎月のリース料金はどのくらいかかるのでしょうか。結局大事なのは月々の料金だという方もいらっしゃることでしょう。自分が乗りたいクルマのリース料金はどの程度なのか?気になりますよね。

今回はカーリースの値段の相場を調べ、カーリースで乗り続けた場合とマイカーローンで支払っていく場合の値段を比較して料金をシミュレーションしました。 更新日 2018年12月25日

軽自動車・コンパクトカーのカーリース相場の値段は?

値段の相場

人気の軽自動車・コンパクトカーを中心に料金クラス別に乗れるクルマをピックアップしましたので実際に見てみましょう。(※掲載料金は2018年11月1日現在、税込み価格。掲載日特別価格扱いになっている車種もあります)リース料金算出に関してリース会社、見積り日等で変動があります。目安としてご覧ください。

ボーナス払いなしでも月々1万円代で乗れるクルマ

ダイハツ

  • ミライース 13,824円~
  • ミラトコット 16,848円~
  • ムーヴ 17,280円~
  • タント 18,792円~
  • キャスト 18,792円~
  • ムーヴキャンバス 19,116円~

スズキ

  • アルト 14,040円~
  • アルトラパン 16,632円~
  • ワゴンR 17,280円~
  • ハスラー 17,388円~
  • スペーシア 19,440円~

ホンダ

  • N-WGN   17,064円~
  • N-ONE 18,468円~
  • N-BOX 19,980円~

ニッサン

  • デイズ 18,036円~
  • デイズルークス 19,764円~

 

ボーナス払いなしでも月々2万円代で乗れるクルマ

ダイハツ

  • ダイハツ ウェイク 20,736円~
  • ダイハツ アトレーワゴン 22,572円~
  • ダイハツ コペン 27,000円~

スズキ

  • エブリイワゴン 21,168円~
  • ジムニー 22,140円~
  • ワゴンRスティングレー 22,248円~
  • スペーシアカスタム 22,572円~
  • アルトワークス 23,112円~

ホンダ

  • N BOX SLASH 20,736円~
  • フィット 24,840円~
  • フィットハイブリッド 27,432円~
  • S660 29,268円~

ニッサン

  • マーチ 21,168円~
  • NV100クリッパーリオ 23,760円~
  • ノート 24,300円~
  • キューブ 27,432円~

トヨタ

  • パッソ 20,520円~
  • ヴィッツ 20,844円~
  • ルーミー 24,840円~
  • タンク 24,840円~
  • アクア 28,080円~
  • ポルテ 29,268円~

やっぱり、軽自動車のカーリース料金が安い

税金や諸経費が含まれるカーリースでは税金や車両価格が安い軽自動車は、新車でも料金面でリースしやすいという魅力があります。

コンパクトサイズで取り回しのよい軽自動車なら、運転初心者でも扱いやすいです。また、軽自動車は本体価格だけでなく維持費や税金も普通車に比べて安いため、セカンドカーとしてリースするのに最適でしょう。

 

車のカーリース料金とマイカーローンの値段の比較

カーリース相場の値段がわかったところで、つづいてカーリースとマイカーローンで乗り続けた場合の支払いシミュレーションを比べてみましょう。もちろん車種や利用サービスにもより異なりますのであくまで一つの目安としてご覧ください。

ダイハツ  タント L 2WD の場合

  • 車両本体価格:1,220,400円(税込)
  • 契約期間:84ヶ月(7年)
  • 想定走行距離数:月2,000Km
マイカーリース マイカーローン金利4.8% 現金購入
月々支払い額 21,708円 × 84回 18,600円 ×83回 / 初回のみ23,810円 一括支払い / 1,329,193円
車検・オイル交換費用 リース料金に含む(3回目車検時のみ諸費用別32,770円) 387,000円 387,000円
期間中の自動車税 リース料金に含む 75,600円 75,600円
7年間支払い総額 1,856,242円 2,030,210円 1,791,793円

メンテナンス費用の内訳(概算)

・オイル交換 : 6,000円(半年毎)×13回 = 78,000円(78か月まで)
・オイルは省燃費オイル0W20化学合成油を想定
・オイルフィルター交換 : 1,500円(1年毎)×6回 = 9,000円(72か月まで)
・車検基本料金 : 100,000円(初回3年、その後2年毎)3回 = 300,000円
・重量税、自賠責保険、点検整備料金、印紙代等の総額の想定車検金額
・期間中の自動車税 = 75,600円

※この金額はあくまでも概算であり、車検費用やオイル価格には差があります。

今回、リース料金を算出したオリックス自動車の公式サイトはこちら。

>>【公式】オリックスカーリースオンライン

 

カーリース料金とマイカーローンの値段の比較結果

カーリースとマイカーローン7年間の期間支払い総額を比べると カーリースが 173,968円分お得 という結果になりました。(※カーフィ調べ)

今回の長期でみた総支払い額の見積もりシミュレーションでは、現金購入が一番安く、そしてマイカーローンよりもカーリースが17万円ほどお得という結果になりました。さらに、ローンのことを何も知らずにディーラーローンで7%前後の金利で契約してしまった場合、金利が4.8%の場合と比較して支払総額が19万円ほど高くなりますのでその差はさらに広がるでしょう。

軽自動車×カーリースがコスパ最強

軽自動車は安い

子供にかかる費用や消費税増税のことも考えると、これからは車検・税金・メンテナンスがコミコミの「カーリース」という選択を選ぶ方が増えていくのではないでしょうか。そして月々を安く抑えるのであればやはり軽自動車がおすすめです。

「所有」から「利用」へクルマに対する概念はまさに変わりつつあります。

 

今回リース料金を算出したオリックス自動車は、リース車両やレンタカー車両として、なんと年間7万台もの車を大量購入しています。日本トップクラスのその購買力を利用し仕入れ値を安く抑えることができているためリース料金も安く設定できています。

なお、オリックス個人向けカーリース商品「いまのりナイン」について詳しく知りたい方は『【一番人気】オリックスカーリースのレビュー【初めての方におすすめ】』をご覧ください。

 

また、とにかくリース料を抑えたい方は程度の良い高年式中古車をカーリースするという手もあります。中古車カーリースも実績ナンバー1のオリックス自動車が信頼できると思います。中古車カーリースについて詳しくは公式サイトからご確認ください。

中古車カーリース

 

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。