三菱自動車のサブスク「ウルトラマイカープラン」と「スーパーマイカープラン」の違いは?

フクロウ君の疑問
ウルトラマイカープランとスーパーマイカープランの違いって何なのかな?

ミーア先生
それにはカーリースと残価設定クレジットの違いについて理解する必要があるのでそれも含めて解説します。

この記事を書いているボクは田舎町でカーリースや残価設定クレジットを販売しています。カーリースや残価設定クレジットについて知ってることはなるべくわかりやすく解説したいと思いますので、これからクルマの乗換えを検討中の方は是非参考にしてください。

【PR】KINTOは任意保険がついているのが特徴!

画像引用元:KINTO公式サイト

フクロウ君の疑問
「任意保険って結局どこで入ったらいいかわからない……」

★「車検のために貯金をくずしたくない……」

★「子供がいると広い車が必須 だけど 頭金貯金も結構厳しいんだよなぁ……」

ミーア先生
それなら、フクロウくんには「KINTO」がちょうどいいね。おすすめする理由は3つ! 
ミーア先生
1「KINTOは面倒な手間なく任意保険がついてくるよ!

2「KINTOなら車検も税金もメンテも保険もコミコミ定額制だから、まとまった支払いなし!

3「KINTOなら頭金なし!月額定額でお得に新車に乗れる!クレカ払いもOK!(業界初)

そのほかにもこんなメリットが……

・アフターフォローが万全!全国のトヨタ正規ディーラーが対応!

車検・法令点検・修理・メンテナンス・タイヤ交換・代車・相談事等、万全なアフターサービスもすべてコミコミで全国のトヨタ正規ディーラーが対応します。

他社と異なり、任意保険もついてくるため、若い方や任意保険の等級が進んでいない方はさらにお得に利用することができます。

審査に通ってから契約するか決められます。まずは無料で審査に通るか確認してみましょう☆

\ まずは無料見積もり&WEB審査から! /

※全車、任意保険がコミコミです※

ウルトラマイカープラン(カーリース)とスーパーマイカープラン(残価設定クレジット)の違い

マイカーローン(クレジット)は税金や自賠責保険料を月額に組み込めない

ウルトラマイカープランは、車両本体代・車両登録時の初期費用・車検・メンテナンス費用に加えて、クレジットでは含めることができていない「登録後に発生する自動車税・自動車重量税・自賠責保険料・自動車保険料」までを料金に組み込むことで毎月定額料金で乗れる定額サービスです。

スーパーマイカープランは残価設定クレジットの為、「登録後に発生する自動車税・自動車重量税・自賠責保険料・自動車保険料」を月額料金に組み込むことができません。

また、スーパーマイカープランは買取ることができますが、ウルトラマイカープランはご利用期間満了時、車両を返却することが条件となってます。

ウルトラマイカープランとスーパーマイカープランの違いを一言で言えば、カーリースかローン(クレジット)かの違いになります。

サービスの詳細な違いについては以下をご覧ください。

 

ウルトラマイカープランの詳細(カーリース)

対象車種

対象車種は「アウトランダーPHEV」「デリカD:5」「エクリプス クロス」「eKクロス」「eKワゴン」「eKクロス スペース」「eKスペース」の7車種から開始され、今後対象車種を拡大予定としています。

月額料金

ウルトラ マイカープランの支払い例としては、eKワゴンのGグレードを5年契約(60か月)した場合、月々28930円(月間走行距離:1000km、利用者の年齢:22歳)との目安が公表されています。料金の詳細は公式サイトよりご確認ください。

料金に含まれる内容

車両本体代金や車両登録時の初期費用、車検・メンテナンス費用に加えて、購入後の各種税金、自賠責保険料、さらに自動車保険料までが月額定額の料金に含まれます。

参照:三菱自動車公式サイト

契約期間

利用期間満了36か月・48か月・60か月/契約期間6か月[利用期間満了まで自動更新]

支払い方法

・月々定額払い。

・月々の支払いを抑えることができる初回まとめ払い(頭金)や、ボーナス併用払いも設定可能。

・契約満了時に返却する為、一括払いはできない。

向いている人

クルマへのニーズが所有から利用へと広がりをみせている中、クルマをより気軽に利用したいと考えている人、クルマに関わる支払いを月額定額で平準化したい人に向きます。返却が条件の為、自分のものにしたい人には向かない。

月間走行距離の上限

軽自動車で1,000Km、登録車で1,500km

スーパーマイカープランの詳細(残価設定クレジット)

対象車種

対象車種は各ディーラーによりますので、お近くのディーラーへお問い合わせください。

月額料金

ディーラーが定めた残価設定金額及び金利により異なります。料金の詳細はお近くのディーラーまでお問い合わせください。

料金に含まれる内容

車両本体代金や車両登録時の初期費用、4つの補償

(保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う費用、リサイクル費用は含まれない)

参照:三菱自動車公式サイト

契約期間

ライフスタイルにあわせて3~5年から支払い期間を選ぶ

支払い方法

・月々のお支払いは最終回買取価格相当額(残価)を除いて支払うことができるので、毎月のお支払いが低く抑えられます。

・クレジット最終回のお支払い(=残価)については以下の3つから選べます

1、新車へお乗り換えまたは、車両返却

新しい三菱車へお乗り換え、または車両を返却

2、再クレジット

原契約の支払回数と合計して最長120回まで延長可能

3、一括払い

口座から一括引落で完済

向いている人

買取保証付きなので月額を抑えたい方に向いています。

参照:三菱自動車公式サイト

月間走行距離の上限

月間契約走行距離は1,000km1,500kmから選ぶことができます。

まとめ

カーリースと残価設定クレジットの大きな違いは、税金や自賠責保険料を月額料金に組み込めるかどうかで、カーリースではそういったクルマに関わる諸経費を一つにまとめて定額で支払うことができます。

ウルトラマイカープランの特徴としては任意保険料までマルッと組み込んでいますので、ガソリン代と駐車場料金は別途としてもクルマに関わる費用は定額でわかりやすく見える化できるでしょう。

ただし、ウルトラマイカープランもスーパーマイカープランもどちらも残価設定商品ではありますので、残価設定商品の理解はあった方がいいかもしれません。

残価設定についての解説は『カーリース選びの注意点=残価設定とは?』をご覧ください。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。