定額カルモくんとトヨタのKINTOを徹底比較!料金やプランの違いをプロが解説

フクロウ君の疑問
・定額カルモくんとトヨタのKINTOはどちらがお得?
・定額カルモくんとトヨタのKINTOの料金やプランを比較したい
・定額カルモくんとトヨタのKINTOのどちらが自分に合っている?

定額カルモくんとトヨタのKINTO、どちらのカーリースがお得なのか迷っている方はいらっしゃいませんか?長く契約するものなので、カーリース選びに失敗したくないですよね。

この記事では、定額カルモくんとトヨタのKINTOのリース料金とプラン内容を比較しています。

ミーア先生
「定額カルモくんとKINTOのどちらがお得なの?」「どちらが自分に合っているのか分からない」という方は、ぜひ参考にしてください!

定額カルモくんとトヨタのKINTOのリース料金を比較

定額カルモくんとトヨタのKINTOのリース料金を比較

まずは皆さんが一番気になっている、毎月のリース料金を比べてみましょう。今回はトヨタのアクアで比べてみました。

比較方法:公式ホームページのオンライン見積り
車種・グレード:トヨタ アクア(X HEV 1.5L 2WD(5人))
契約期間:7年
オプション追加なし、ボーナス払い・頭金なし

定額カルモくん 36,200円
KINTO 38,280円

リース料金の比較結果

結果は定額カルモくんが2,000円ほど安くなりました。結果だけを見ると定額カルモくんが安いように思えますが、定額カルモくんとKINTOの2社ではリース料金に含まれる項目が異なります。リース料金に含まれる項目は、カーリース選びの重要なポイントです。

オプションの追加やリース料金に含まれる内容によっては、「失敗した」「合わなかった」と後悔するかもしれません。後悔しないためにも、2社の違いを料金以外にも把握してから契約しましょう。次より詳しく解説していきます!

ミーア先生
定額カルモくんはメンテナンスの有無をユーザーが選択できるようになってます!そのため、リース料金がこれだけ安くなります。

定額カルモくんとトヨタのKINTOのサービス内容を比較

カーリース選びで同じく重要なのが「サービス内容」です。定額カルモくんとトヨタのKINTOとではサービス内容も異なります。サービス内容を比較するときは「リース期間」「車種ラインナップ」「メンテナンス内容」「リース内容に含まれるもの」の4つのポイントに注目してみましょう。

定額カルモくんの特徴

定額カルモくんは、オリックス自動車と提供しているカーリースです。

名称のとおり毎月のリース料金が定額で、無理なく車に乗れるのが魅力。軽自動車から普通自動車まで、国内メーカーの車を全て借りられるほどラインナップが豊富です。

合わせて読みたい!

トヨタのKINTO(キント)の特徴

トヨタのKINTOとは、トヨタグループが提供している「車のサブスク」です。

KINTOも毎月定額の利用料金で車に乗れるのが特徴。任意保険や車検代などが月額料金に含まれている点がメリットとなっています。

ただし、契約満了時は「返却」が条件となっています。

合わせて読みたい!

リース期間で比較

定額カルモくん 1年から11年の中で1年単位で決められる
トヨタ KINTO 3年、5年、7年の3種類から決める

定額カルモくんはリース期間がフレキシブルに設定できます。一方のKINTOは3つの期間から決める選択制です。

ただしトヨタのKINTOは「解約金フリープラン」や「のりかえGO」を利用することで、途中解約や乗り換えが可能になります。

車種ラインナップで比較

定額カルモくん 国内メーカーの全車から選択可能
トヨタ KINTO トヨタ・レクサス車のみ

車種のラインナップは、定額カルモくんの方が選択肢が広いです。定額カルモくんでは軽自動車もリースできますが、KINTOでは軽自動車を取り扱っていません。

車種にこだわりがない方は、他のサービス内容などを参考にリース会社を決めてもよいでしょう。ただし軽自動車に乗りたい方は、KINTOを選択できません。KINTOでは必然的に普通車のラインナップから選ぶことになります。

メンテナンス内容で比較

定額カルモくんとトヨタのKINTOとでは、メンテナンス費用が大きく異なります。トヨタのKINTOはほとんどがリース料金に含まれますが、定額カルモくんはオプション料金が必要です。2社のメンテナンス内容も比べてみましょう。

定額カルモくん トヨタ KINTO
返却時の原状復帰費用保証
車検点検料
法定12か月点検
エンジンオイル交換
オイルフィルター交換
タイヤローテーション・ホイールバランス調整
エアコンフィルター交換
ワイパーゴム交換
ブレーキオイル交換
ブレーキパッド交換
バッテリー交換工賃
追加料金/月額 契約期間1~5年

・軽自動車 4,970円

・その他車種 5,280円

契約期間6~11年

・軽自動車 4,460円

・その他車種 4,770円 

リース料金に含まれる

定額カルモくんで月額4~5千円かかるメンテナンス費用が、KINTOでは0円です。先ほどリース料金の比較をしましたが、違いは毎月2千円程度でした。KINTOのメンテナンス費用がいかに充実しているかが分かりますね。

ただしメンテナンス費用に関しても、人によっては定額カルモくんの方が合っているケースがあります。なぜかというと、2社ともメンテナンスをおこなう店舗が指定されているからです。

定額カルモくんは提携先の店舗で、KINTOでは指定されたトヨタのディーラーのみにメンテナンスが限定されています。他店でメンテナンスを受けても実費となってしまいます。すでに知り合いやなじみのお店がある場合は、定額カルモくんでメンテナンスパックを付けずに契約したほうが良いでしょう。

定額カルモくんとトヨタのKINTOのリース料金に含まれるもの

定額カルモくん トヨタ KINTO
車両価格
登録諸費用
重量税
自動車税環境性能割
自動車税種別割
自賠責保険料
任意保険料
メンテナンス費用 オプション加入
車検費用 オプション加入
代車費用 オプション加入

リース料金に含まれるものは、定額カルモくんとトヨタのKINTOとでは大きく異なります。車両価格や各種税金・自賠責保険料などの基本的な料金は、どちらもリース料金に含まれていますね。しかし任意保険料・メンテナンス費用・車検費用・代車費用に関しては、定額カルモくんには含まれていません。

しかし、定額カルモくんの内容が悪いというわけではありません。車検や任意保険は自分で手配したい人もいらっしゃいますから、必要な項目だけ選べる点はメリットでもあります。あくまでも「どちらが自分に合っているか」を検討して決めましょう。

ミーア先生
定額カルモくんには車検やメンテナンスが含まれないため、カルモくんのメンテナンスパックに加入するか?車検や必要最低限のメンテナンスだけをなじみの修理工場に出すのか?選択することができます!


定額カルモくんのメリット・デメリット

ここまで説明したポイントを、メリット・デメリットに分けて分かりやすくまとめました。まずは定額カルモくんから見てみましょう。

定額カルモくんのメリット

・軽自動車が選択できる

・中古車が選択できる

・契約期間を1年ごとに決められる

・リース料金が安い

・任意保険の等級を引き継げる

・契約満了後にクルマがもらえる

定額カルモくんは、料金の安さや車種のラインナップの豊富さが魅力です。またオプションの有無を選択できて、リース料金が安いところもポイント。比較的フレキシブルな使い方ができるカーリースです。

定額カルモくんのデメリット

・メンテナンスプランが「追加料金」
・返却時の原状回復が条件
・名変手数料が自己負担
・契約途中での乗換えはできない
・頭金やボーナス払いの支払い制度がない
・利用終了後にクルマを自分のものにするための「もらえるプラン」が有料
・任意保険料は月額料金に含まれない

定額カルモくんのデメリットは、オプション料金が多く設定されている点です。メンテナンスプランや名変手数料・クルマがもらえるプランは別料金がかかります。毎月のリース料金だけでまかなうことは難しいでしょう。

トヨタのKINTOのメリット・デメリット

トヨタのKINTOのメリット

・車検、メンテナンス代がリース料金にコミコミ

・リース料金に任意保険がコミコミ

・正規ディーラーのメンテナンスが受けられる

・契約途中の乗り換えOK

・契約途中の解約OK

トヨタのKINTOのメリットは、月額料金(リース料金)以外の出費がほとんどない点です。しかも契約途中の乗り換えや解約もOK。非常に分かりやすいサービス内容となっています。

トヨタのKINTOのデメリット

・任意保険の等級を引き継げない
・トヨタ車とレクサス車しか選べない
・のりかえGOと解約金フリープランは手数料がかかる
・車の返却が必須
・カスタマイズができない

トヨタKINTOのデメリットは、リースできる車種が限られる点と、車の返却が必須な点です。またのりかえGOと解約金フリープランには別途料金が必要になります。さまざまな費用がリース料金に含まれているぶん、自由度が下がってしまうのです。


定額カルモくんがおすすめな人

おすすめポイント

・とにかく安く乗りたい

・軽自動車や中古車を借りたい

・任意保険の等級が高い

・車の所有にこだわりたい

・希望する契約期間が明確

定額カルモくんがおすすめな人は、料金の安さやサービスの自由度に魅力を感じる人です。また任意保険の等級が高い人は、これまでの任意保険に継続して契約した方がお得になります。

また定額カルモくんは、契約期間を1年ごとに決められるのが特徴です。希望する契約期間がほぼ決まっている人は、定額カルモくんなら無駄がありません。

ミーア先生
とにかく月額料金を最優先に考える人向けです!

\まずは無料見積もり&リース審査から!/

定額カルモくん公式ページはこちら

※審査申し込みはご契約ではありません※

トヨタのKINTOがおすすめな人

おすすめポイント

・車のメンテナンスを全てお任せしたい

・任意保険の等級が低い

・車の所有にはこだわらない

・途中解約や乗り換えの可能性がある

トヨタのKINTOがおすすめな人は、車の維持からメンテナンスを全てKINTOにお任せしたい人です。車検や任意保険もリース料金にコミコミなので、毎月の家計管理がしやすくなりますよ。

また任意保険の等級が低い人は、任意保険がコミコミのKINTOがおすすめ!車の共有ができて補償も充実したKINTOがお得です。

ミーア先生
任意保険の等級の恩恵が低い方やディーラーによる安心のメンテナンス付きで乗りたい人に向きます!

特にこれから主流になるEV車はまだ不安があると思うのでサブスクでメンテナンス付きで乗る乗り方が主流になりそうです!

\ まずは無料見積もり&WEB審査から!/

【KINTO】愛車サブスクリプション

※全車、任意保険がコミコミです※

定額カルモくんとトヨタKINTOの審査は甘い?

 ※定額カルモくんはオリックス自動車と提携しているリース商品のため自社という表現になっています。

定額カルモくんとトヨタKINTOの審査は、他のカーリースと比べても甘いとされています。共通する理由は以下の3つです。

審査が”甘い”とされる理由

・自社審査を取り入れている
・個人信用情報機関への照会数が1社のみ
・自社のオークションを持っている

まず自社審査とは、自社で審査基準を設けている審査のことです。通常の審査は他社に依頼するため、他社の基準で審査が進められます。しかし自社審査では、他社でNGな項目も通すことが可能です。

さらに個人信用情報機関への照会依頼数も審査に影響します。金融情報を照会する個人信用情報機関の数が少ないほど、審査に通りやすいです。定額カルモくんもKINTOも照会は1社に依頼しているといわれています。

また定額カルモくんもKINTOも、リース料金未払いで回収した車を自社で再販売できるルートを持っています。そのため未払いを出してもリスクが低いのです。以上の理由から、どちらのカーリースを選んでも審査の影響は大きく変わりません。

ミーア先生
カーリースはローンに比べて審査が甘いと言われます!

よくある質問

車の購入とカーリースどちらがお得?

カーリースの方が総合的にお得です。なぜかというと、カーローンは車両価格のみ支払うからです。加えて車検や税金・メンテナンス費用などは全て別で用意しなければなりません。カーローンの頭金やボーナス払い・車検・税金など、多くのまとまったお金が必要となります。

またカーリースは独自の入手ルートで安く車を購入しています。しかも残価まで引かれてリース料金を設定しているうえに、低コストな自社メンテナンスです。カーローンの値引き率やメンテナンス費用を比べても、低コストで安く提供しているカーリースはお得になります。

車のナンバーは「わ」ナンバーになる?

なりません。通常の車と同じになります。

支払い方法は選べる?

定額カルモくん、トヨタのKINTOとともに口座振替とクレジットカード決済が選べます。

普段からクレジットカードを使うことが多い人は、ポイントが効率的に貯まるクレジットカード決済をおすすめします。

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。