カーコンカーリースは本当にお得なの?定番カーリースと徹底比較

もろこみはお得?

フクロウ君の疑問
残価設定のない(残価0円)カーコンビニ倶楽部のカーコンカーリースはお得なの?あと、同じ残価設定のないカーリースの比較が知りたいな

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・カーコンカーリースの特徴・メリット・デメリット

・残価なしの定番!オリックスカーリースと比較してみた

この記事を書いているボクは、元ディーラー営業マンで現在は海風そよぐ小さな街でクルマ屋を営んでいます。ボク自身もカーリースを利用して5年。無料クーポンにて2回車検を実施しています。

カーリースの素晴らしさを広めるために、これからカーリースを利用したいという方に向けて記事を書いています。これからカーリースを始めたいという方は是非、参考にしてください。

カーコンカーリースは本当にお得なのか?

もろこみは本当にお得?

カーコンカーリースがマイカーローンや他カーリースと比べるとお得かどうかはローン会社の金利やクルマの使い方によって異なります。

しかし、カーリースは毎年かかる自動車税や車検時の重量税、車検代、自賠責保険料などの諸費用が毎月のリース料にコミコミとなっているため、街中の買い物などが使用用途のメインで走行距離がそこまで伸びないような方にはカーリースがお得でしょう。

カーコンカーリースのメリット

クルマがもらえる

もろコミの特徴はリース満了まで乗り続けると、そのままクルマが自分のモノになるところです。

自分のモノになりますのでクルマのヘコミやキズを気にしながら乗りたくない方や、走行距離数を気にしたくない方に向いています。

残価設定がないので契約満了時に残価と査定価格の精算金が発生するトラブルも起こることもありません。

月々定額で新車に乗れる

もろコミ9カーコンビニ倶楽部

カーコンカーリースに含まれる費用

車両代・登録手数料・取得税・自動車税・重量税・自賠責保険料・車検基本点検料(無料クーポン)

クルマに関わる税金や車検代などがリース料に含まれているため、月々定額でクルマに関する支払いをやりくりできます。

そのため、家計の管理や貯金・投資の計画が容易くなったり、車検や税金による一度の大きな出費がなくなる安心感は大きなメリットと言えます。

一定期間経過後は解約金0円

またもろコミ9の場合、7年目以降からはいつでも乗換え・返却(解約)が可能となります。もちろん返却後のリース料の支払いは必要ありません。

つまり、カーコンカーリースですと基本的に乗った分だけの支払いで良いのです。自分の人生設計に合わせて乗換え・返却が選べることもカーコンカーリースの良いところです。

カーコンカーリースのデメリット

オイル交換・オイルエレメント交換は含まれない

カーコンカーリースは車検は含まれていますが、オイル交換やオイルエレメント交換は有料オプションのメンテナンスパックの加入が必要となるためその分リース料が高くつきます。

メンテナンスパックには以下の内容が含まれます。メンテナンスをきちんと行い方にはおすすめです。

タイヤ交換4本セット交換、バッテリー交換、オイル交換、オイルエレメント交換、オートマオイル(CVTオイル)交換、ブレーキオイル交換、ブレーキパッド交換、Vベルト交換、クーラント交換、プラグ交換、ワイパー交換

なお、カーコンカーリースにメンテナンスパックを付随した各車種のリース料金等は公式サイトよりご確認ください。

公式サイトはこちら

マイカーローンと比べてお得か調べる方法

マイカーローンとカーコンカーリースでの期間総額でかかる費用はどちらがお得か気になる方は以下の方法で調べることが可能です。

1. リース料×期間分=全期間にかかるリース総額分を出す

2. マイカーローンの期間総額を調べる

3.リース(1)とマイカーローン(2)の総額の差額を出す

4.リースとローンの差額分(3)-リース期間にかかる諸費用(自動車税・重量税・自賠責保険料・印紙代、それぞれ期間中に訪れる分)=諸費用を除いた期間総額の差額分を出す

5. 諸費用を除いた期間総額の差額分(4)-車検代(期間中に訪れる回数分)=結果がマイナスであればお得、プラスであればマイカーローンのほうがお得

残価なしの定番!カーコンカーリースとオリックスカーリースを比較してみた

オリックスカーリース

もろこみと言えば残価がないカーリースですが、残価なしカーリースの定番オリックス自動車の「いまのり」シリーズと比較してみましょう。残価がないので、もろこみ同様にリース満了時にクルマがもらえます。

オリックス自動車が提供しているカーリースなので内容はほとんど同じですが、料金面で大きく異なります。

実際にカーコンカーリースとオリックスカーリースのリース料を比較

ダイハツ タント L の場合 (2019年8月現在 税率8%にて公式サイトより見積もり)

カーコンカーリース「もろこみ9」 月々支払い額(均等払い):20,088円(税込)/  無料クーポン付き:車検基本点検クーポンのみ

オリックスカーリース「いまのり9」 月々支払い額(均等払い):19,332円(税込)/  無料クーポン付き:車検基本点検クーポンオイル交換クーポンオイルエレメント交換クーポン

【オリックス公式サイト】お見積もり依頼_ご相談はこちらから

カーコンカーリースとオリックスカーリースの比較結果

比較結果

期間中リース料金の差額は約8万円!

カーコンカーリースもろこみとオリックスカーリースのリース料の比較をダイハツ タントの場合で見てみると、毎月756円の違いで、9年間(108回)で比べるとオリックスカーリースが81,648円分 安くなります

サービス面で比べても、カーコンカーリース「もろコミ」は車検基本点検のみですが、オリックスカーリース「いまのり」は車検基本点検の他に、オイル交換・オイルエレメント交換も無料クーポンで行えます

ポイント

:「もろこみ」の場合、オイル交換は2,500円(税抜)のメンテナンスパックに加入しなければいけませんので、リース料はさらに高くなります。

オリックスカーリースがカーコンカーリースより安い理由

オリックスカーリースの場合、見積もり・審査・ご契約はオリックス自動車公式サイト「カーリースオンライン」からWEBで申し込むことになり、そのため人件費などを削減できるためかなりお安いです。

また、「カーコンカーリース」は所有権がオリックス自動車になる事からわかるように、オリックス自動車がカーコンビニ倶楽部へ提供しているカーリースです。

なのでオリックス自動車から直契約でリースしたほうが安いんですね。

しかも、オリックスカーリースならオイル交換やオイルエレメント交換も無料クーポンで無料で交換できます。

ポイント

なお、オリックスカーリースについての詳しい記事はこちらの『【一番人気】オリックスカーリースのレビュー【初めての方におすすめ】』をご覧ください。

 

よくある質問

Q&A

Q. カーコンカーリースはおトクなの?

A. おトクさで選ぶならオリックスカーリースがおすすめです。

オリックスカーリースなら車検・オイル交換・オイルエレメント交換が無料クーポンにより「無料」です。オリックス自動車の直販リースだからです。

Q. カーコンカーリースのメリットは?

A. 契約満了時にクルマがもらえるところです。

カーリースの残価の清算が心配な方に特におすすめです。

 

 

さいごに

さいごに

オリックスカーリースでは、車検やオイル交換は全国にあるオリックス自動車が提携するお店で無料クーポンを使用して実施できます。

車検時には事前に案内が届き、スムーズに車検ができます。無料クーポンで無料で車検を行うことができます。

ネットで申込みをしてから約1ヶ月半ほどで自宅まで納車してもらうことが出来ました。

新車なので、故障の際はディーラーで相談して新車のメーカー保証で部品交換もできました(部品にもよります)。

車検・オイル交換は無料。新車なので中古車よりも圧倒的に故障の心配も少なく、税金関係もコミコミなので定額で乗れます

カーリースにするならオリックスカーリース「いまのり」が本当におすすめです。

関連記事

また、カーリース会社別のリース料金を比較したリース料最安ランキングは『カーリース料金の比較とたった一つの注意点【知らなきゃ損する】』をご覧ください。

オリックスカーリースオンラインページへ

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

公式サイト『HONDAマンスリーオーナー

 

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。