オートバックスカーリースの評判・口コミは?メリット・デメリットを徹底検証!

フクロウ君の疑問
オートバックスでやってるカーリースでどうなの?評判やメリット・デメリット知りたいな!

オートバックスカーリースの評判やメリット・デメリット、他社との比較や違いを知りたい方に向けて解説していきます。

この記事を書いているボクはカーリース販売歴9年で実際にオートバックスカーリースの審査会社であるオリコのリース見積もりソフトも使用させてもらっています。

リース販売台数はオリックスカーリース(いまのり7)の契約数が7年連続で県内第1位です。これからカーリースや車のサブスクのことが知りたい方にわかりやすく解説できればと思いますのでよろしくお願いします。

ではそっそくオートバックスカーリースについてみていきましょう。

広告の表示がブロックされています。

オートバックスカーリース「まる乗り」とは?

オートバックスカーリース「まる乗り」とは?

カー用品でお馴染みのオートバックスが提供する新車・中古車を対象にしたリースプランです。

リース期間 2年/3年/5年/7年
取扱車種 国産全車種
期間中の車種変更 不可。原則、契約満了時
新車・中古車 新車と中古車どちらも可能
走行距離数 契約者の申告により変動
料金に含まれるもの 登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税(車検時)、自賠責保険、環境性能割、車両本体価格(残価差引分)
自分のものにできるか? 契約満了時に残価を支払うことで可能
料金  オートバックスカーリース公式ページ

リース期間は最長7年。頭金0円が可能なため、まとまったお金がなくてもクルマに乗り出せる。車検やメンテナンスはメンテナンスパックに加入することで月々の料金に組み込める。お気に入りの愛車が見つかったら契約満了後に乗り続けることも可能。

ここがポイント

オートバックスカーリースの審査はオリコが行っています。そのためオリコの個人向けリース、ユーカリプランによく似ています。

ユーカリプランとは、全国の整備工場や販売店で取り扱っていて、カーリース契約者数日本トップクラスの個人向けカーリースです。

お店に出向き、走行距離数など車の使用状況を販売店と話し合い、残価設定を契約者と販売店側とで定めることが多いです。

なぜ話し合って決めるかというと、契約満了時の走行距離数によって車の価値が大きく変わってくるからです。その走行距離で残価金額の目安を決め契約者が納得した後に契約するので、オープンエンド方式でありがちな残価清算リスクがかなり防げます。

合わせて読みたい

残価についての詳しい記事は『カーリース選びの注意点=「残価設定」とは?』をご覧ください。

広告の表示がブロックされています。

オートバックスカーリースを利用するメリット5つ

オートバックスカーリースのメリットは以下の通りです。

・月額定額コミコミ料金

・頭金0円で乗り始められる

・車検・メンテナンスを利用できる店舗数が全国562店舗

・走行距離数など車の使用状況により残価設定を決めるので安心

・オートバックス店内の用品が10%OFF

メリット1:月額定額コミコミ料金

カーリースは税金や自賠責保険料が月額料金に組み込めるので月額定額料金でクルマを利用することができます。

メリット2:頭金0円で乗り始められる

マイカーローンや購入ですと、頭金や諸経費など最初にまとまったお金が必要です。

しかしカーリースは、頭金が必要ありません。頭金0円で乗り始めることができるので貯金がなくても新車に乗り始めることができます。

メリット3:車検・メンテナンスを利用できる店舗数が全国562店舗

メンテナンスパッは24ヶ月、36ヶ月、60ヶ月、84ヶ月の4つの期間から選べる

メリット4:走行距離数など車の使用状況により残価設定を決めるので安心

審査がオリコということでオリコのカーリース、ユーカリプランに似ていると最初に述べましたが、ボクは販売員としてユーカリプランの見積もりソフトを使用したことがあります。残価設定

オートバックスオリジナル特典:オートバックス店内の用品10%OFF

契約特典として店内のカー用品がすべて10%OFF(リース契約日から契約満了日まで)となります。

まる乗りの契約と合わせて、ドリンクホルダーやエンジンスターターなど必要と思われるアクセサリーも購入するとお得かもしれません。なお、オンラインショッピングや各種特典との併用では適用にはなりませんのでご注意ください。

広告の表示がブロックされています。

オートバックスカーリースを利用するデメリット3つ

オートバックスカーリースのデメリットは以下の通りです。

・メンテナンスはオートバックスでしか受けられない

・インターネットで事前審査申し込みができない

・車両のカスタマイズはNG

デメリット1:メンテナンスはオートバックス店舗でしか受けられない

オートバックスカーリースのメンテナンスパックによるメンテナンス(車検や整備)は全国のオートバックスでしか受けられません。

ディーラーや凄腕がいる整備工場でメンテナンスを受けたい方もいらっしゃるかもしれません。

そういった方にとってはデメリットと言えるでしょう。

デメリット2:インターネットで事前審査申し込みができない

オートバックスカーリースは店舗型の契約です。

他カーリースや車のサブスクのように、インターネットで審査の申し込みが行えません。

来店し残価などを話し合い見積もりを取ります。インターネットで隙間時間にということができないところはデメリットかもしれません。

デメリット3:車両のカスタマイズはNG

カーリース全般にいえますが、車検が通らないほどのカスタマイズはできません。

車検が通らない=違法改造にあたりますのでカーリースでなくてもやってはいけません。

ディーラーオプションのような車検に影響がないオプションは全く問題ありません。

広告の表示がブロックされています。

オートバックスカーリースと他のカーリース会社を比較

オートバックスカーリースと人気カーリース「定額カルモくん」「オリックスカーリース」と比較してみます。

定額カルモくんとの比較

リース契約期間

1年〜11年
取扱車種 国産全車種
料金に含まれるもの 登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税(車検時)、自賠責保険、環境性能割、車両本体価格
走行距離 月間1,500Km以内
自分のものにできるか もらえるオプションを選択時に契約満了時にもらえる
期間中の解約  不可

オートバックスカーリースと定額カルモくんの違い

定額カルモくんの特徴は11年リースがあることです。

定額カルモくんはオートバックスカーリースに比べ契約長期間を選べますので「月額をとにかく抑えたい」という方に特におすすめです。

また、もらえるオプション(有料)を選択することで契約満了時にクルマをもらうことができます。オートバックスカーリースの場合は残価分を支払うことで自分のものにすることもできますが、定額カルモくんは月々料金にプラスすることでもらえるようになります。



オリックスカーリースとの比較

リース契約期間

5年、7年、9年
取扱車種 国産全車種
料金に含まれるもの 登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税(車検時)、自賠責保険、環境性能割、車両本体価格、車検・オイル交換・オイルエレメント交換(無料クーポン)
走行距離 月間2,000Km以内
自分のものにできるか 契約満了時にもらえる(7年、9年)
期間中の解約  契約満了2年前からいつでも可能(7年、9年)、2年目以降いつでも可能(5年)

オートバックスカーリースとオリックスカーリースの違い

オリックスカーリースの特徴は車検・オイル交換・オイルエレメント交換は無料クーポンで行えるところです。

オートバックスカーリースや他カーリースでは車検やオイル交換はメンテナンスパックやメンテナンスプランへの加入が必要ですがオリックスは“無料”で提供しています。

また、有料オプションに加入しなくとも無料で契約満了時に(残価清算することなく)クルマがもらえます。(7年9年契約時)オートバックスカーリースでは契約満了時に残価分の買取りになります。

さらに7年、9年契約に関していえば、契約満了の2年前からはいつでも解約金0円で解約ができます。オートバックスカーリースや他カーリースでは契約満了時まで原則解約できません。

なぜオリックスがこんな太っ腹なのかというと、多くのカーリース商品の元を辿るとオリックスということが多いからです。オリックスが他社にリース商品を提供している代わりにオリジナルであるオリックスカーリースは優位に設定されています。

合わせて読みたい

オリックスカーリースについての詳しい情報は『【1番人気】オリックスカーリースをレビュー【初めての方におすすめ】』をご覧ください。

オートバックスカーリースよくある質問

Q&A

オートバックスカーリースの審査はどこの会社?

オートバックスの審査は「株式会社オリエントコーポレーション」です。

オートバックスカーリースの審査通過の目安はある?

審査基準は明らかにされていません。しかし一般的なカーリースでは年収200万円以上が基準と言われています。

なお、スマホの支払いが滞っていたことがあったり滞っている場合などは厳しくみられると聞いたことがあります。

数千円ほどの携帯料金というのは判断基準として推し量りやすいからだそうです。

今乗っている車はどうしたらいい?

オートバックスでは買取事業も行っているので、下取りを入れることも可能です。

 

オートバックスカーリースの評判・口コミ

ホンダマンスリーオーナーの評判

オートバックスカーリースの評判・口コミ

オートバックスカーリースの評判や口コミは以下の通りです。

https://twitter.com/1Sirou01/status/1440428849913683974

https://twitter.com/flower_cocoon/status/878814031082995712

ミーア先生
「オートバックスでもカーリースを始めた」などカーリースという乗り方自体に興味を持っている方が多い印象です。

 

オートバックスカーリースの見積もりの仕方

オートバックスカーリースの見積もりは店舗で行います。

店舗へ行って車種やグレード、車の使用方法を相談しながら見積もりを行います。

お近くの店舗をお探しの方は公式ページをご覧ください。

 

オートバックスの会社概要

正式名称 オートバックスカーリース「まる乗り」
会社名 株式会社オートバックスセブン
住所 東京都江東区豊洲五丁目6番52号(NBF豊洲キャナルフロント)
資本金等 339億9,800万円(2021年3月31日現在)
事業内容 オートバックスグループ店舗のフランチャイズ本部としてカー用品の卸売および小売、車検・整備、車両買取・販売、板金・塗装等
公式サイト AUTO BACS CARS

正規ディーラーによる整備付きのサブスクおすすめランキング

近年、キントやオリックスカーリースのような車のサブスク(月額定額サービス)の利用者は着実に伸びています。

日本自動車リース協会がまとめた個人向け自動車リース保有台数(会員分)は、2021年3月に43万7743台となり、1年で16.8%増えました。毎年20%前後の伸び率で増加していて、この10年で利用者は4倍になった計算になります。

そんな車のサブスクですが、サブスク契約後の「アフターメンテナンス」も安心して乗るための重要なポイントですよね。
月額定額で安く利用できても、「設備や整備がちゃんとしたところで見てほしい」のが本音。
そこで、正規ディーラーによる整備付きのサブスクのおすすめランキングを発表します!

トヨタの新車サブスク:KINTO 【任意保険までコミコミ】

契約期間:3年、5年、7年
トヨタの月額定額サービス(サブスク)。
2022年1月時点で3万2000件の申し込みとなっており、申し込みのうち6割がトヨタ車ユーザー以外で、年齢別では20代30代が4割を占め、若者を中心に利用者が急増しています。発売当初は3年のみだった契約期間に5年、7年を追加するなど、契約プランの充実化が奏功しています。

月額料金に任意保険までもが含まれていることが特徴で、長期契約を選択できることで月額料金も抑えることができます。
また気軽に新車へ乗り換えができる「のりかえGO」や解約金が0円になる「解約金フリープラン」など自身のクルマの利用に合わせてプランを選択できることも特徴です。

トヨタのEV「bZ4X」は国内個人への提供はKINTO限定で発売することが決定しており、KINTOに対するトヨタの本気度がうかがえます。また「PHVも含めたフルラインアップで電動車を揃えていきたい」と代表もコメントしているようにトヨタ電動車種をKINTOで順次拡大していくとみられます。

ホンダの中古車サブスク:ホンダマンスリーオーナー

ホンダの中古車サブスク。
契約期間:1ヶ月〜11ヶ月(短期)
中古車のサブスクで正規ディーラーの整備対応。
サブスク利用のための審査なし。クレジットカード払いのためクレカが必要。
メーカー系中古車サブスクは現在ホンダのみとなっているため、中古車でサブスクをお探しの方はホンダマンスリーオーナーがおすすめです。ただし、地域が限定的なためお使いの予定のエリアで利用できるか確認が必要です。

ホンダの新車サブスク:WEB申し込みの「ホンダオン」 店舗申し込みの「楽まる」


契約期間:3年、5年
ホンダのネット販売「ホンダオン サブスクリプションサービス」と店頭販売専用の「楽まる」との違いは、「WEB申し込み」か「店頭申し込み」かの違いの他に、選べる車種がホンダオンに関しては一部グレードを除く4車種のみとなっています。
<ホンダオン月額利用料(税込)>
N-BOX:31,060円~/FIT: 42,550円~
FREED:48,850円~/VEZEL:48,460円~
最大30万円の免責が付いているため、返却時の傷や凹みが心配という方にも安心して利用できます。任意保険は含まれないことに注意が必要です。
カーナビ等の基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品等のメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買取も可能。(中途解約金を精算する必要あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shuhei Kondo

1985年生まれ。 株式会社コンドウ代表取締役。 スペイン留学(サラマンカ大学)後、カーディーラーの営業を勤め、現在は地方の田舎街で会社経営をしています。 オリックスカーリース「いまのりセブン」7年連続 販売台数 県内第1位。 カーリース販売歴9年。 リース商品はそれぞれの特徴や仕組みが違うため、それぞれの商品を知ろうと思うとそれなりの労力と時間が必要になります。なので僕が皆さんにできるだけ優しく商品のメリットデメリットをまとめて、そのリース商品はどんな人にお勧めなのか?をカーリースの教室でシェアいたします。 自分が経験したことを、見る人にとってわかりやすく伝えることを大切にしています。 カーリースアドバイザー・車のサブスクアドバイザー。